テレアポや飛び込み営業で新規開拓をしている営業マンの中には「マシンになれ!」「機械的にやれ!」と言われて疑問を感じたことがある人も多いでしょう。

確かに何も考えずに永遠とアプローチし続けたところで成果は出ません。しかし、その一方で機械的にやった方がいいという一面もあるんですね。

私は、そこら辺の営業マンとは比べものにならないくらいテレアポや飛び込みで新規開拓をした経験がありますが、新規開拓は機械的にやるようにしています。

新規開拓が辛くてメンタルがやられそう、成果が出ていないという営業マンの方は、特に今日の記事はしっかりと読んでみてください!

スポンサーリンク

テレアポや飛び込み営業を機械的にやるべき理由

考える女性営業マン

誤解のないように最初に言っておきますが、「どうすればアポが取れるんだろう?」「受付を突破できるテクニックはないかな…」と考えることが悪いということではありません。

実際にテレアポや飛び込み営業をしている最中は「機械的になった方がいい」という意味です。

それを前提に以下を読み進めてくださいね。

機械的にやらないとメンタルがやられる

私はブログの中で「飛び込み営業マン時代に、多摩ニュータウンのエレベーターが無い5階建ての団地を1日中駆け足で回っていた」などと書いているので、「凄い強靭なメンタルだな…」と誤解している人が多いと思います。

でも、豆腐メンタルとまではいきませんが、私は決してメンタルが強い人間ではありません。

回る件数が多ければ多いほど、それに比例して「けっこうです!」をもらう数は増加します。しかも、怒鳴られたり、明らかに怪しまれているような視線を浴びるのですから、これで何も感じないなんてあり得ません。

「営業だから割り切ろう」と思っても割り切れるものでもないので、テレアポや飛び込み営業中はマシンと化して、そういう感情が湧き出ないようにしましょう!

いちいち考えていたら足が止まる

テレアポや飛び込みで新規開拓をする商品やサービスは、アプローチ数が多ければ多いほど売れるからテレアポや飛び込み戦略をとっています。

したがって、1件ガチャ切りされたり、「けっこうです」を貰うたびに「今のはどこが悪かったんだろう…?」と考え込んでいたらキリがありません。

ですから、テレアポや飛び込みをしている最中は余計なことを考えずにガンガン数をこなし、業務時間外や休憩時間などに原因追及をしてください。

そうすれば、足が止まることはありません。

自分の先入観による悪影響を排除できる

これに関しては、具体的な例を出して解説します。

テレアポや飛び込み営業において「そういうの待ってたんだよ!」というお客さんに当たることは稀です。ですから「けっこうです!」を貰ったときは何かしら切り返す必要がありますよね。

私も「最低1回切り返しルール」というのを自分の中で決めています。

ただ、営業マンの多くは「この人イケるかも!」と思った人に対しては切り返しますが、ちょっと不愛想だったり、おっかない顔をした人などが出てくると切り返さずに退散してしまうんですね。

この自分の先入観の影響を受けて、切り返したり切り返さなかったりしているうちは、安定した数字を上げることはできません。

ですから、「絶対に1回は切り返す」と決めたら、相手がどんなタイプであっても機械的に切り返し続ければいいんです。

もちろん、ある程度経験を積めば「あ!これ契約だな」という直感が働くようになりますが、それでも100%ではありません。私も未だに「これは厳しい商談になりそうだな…」という案件が契約になることがありますからね。

テレアポや飛び込み営業においては、営業マンの先入観は邪魔でしか気を付けましょう!

まとめ

「私は人間だ!マシンのような仕事はしなくない!」というのであれば、テレアポや飛び込み営業をしなければいいだけです。

でも、テレアポや飛び込み営業をしなければならない環境にいて、しかも転職するつもりもないのであれば、クヨクヨ考えていてもキリがないので機械的にやることをお勧めします。