お客さんの悪口を言う営業マンっていますよね。

「買う気が無いのに呼ぶなよ!」
「まったく、あの担当者は細かくてやってられねーよ!」

あなたは、お客さんの悪口を言ったり、言わないまでも頭の中を過ぎったことはありませんか?

そうそう、酷いものになると「あのハゲオヤジ、キモいんだよ!」のように、仕事とは関係のない「自分の好き嫌い」を持ち込む営業マンもいるので困ったものです。

さて、こういう悪口を言う営業マンが最低なのはわかると思いますが、問題はそれだけではありません。

実は、悪口営業マンは、現在どんなに売れていても絶対に大成することは無いんです。

ちょっと、最近思うところがあったので、今日はこの件に関してお話しします。

スポンサーリンク

売れない営業マンがお客さまの悪口を言う理由

営業マンの悪口はNG

売れない営業マンが売れない最大の理由は、自分が売れない理由を自分以外のせいにしているからです。

また、お客さまの悪口だけでなく「会社が悪い、商品が悪い、上司が悪い、景気が悪いのが悪い etc」と、何でもありですからね…

売れない営業マンって「何かのせいにする天才かよ」思いますよ。

この記事の本題ではありませんし、過去に似たような記事を書いたことがあるので簡単に済ませますが、「自分の仕事の出来なさ加減を素直に認められない」のでしょう。

そんな人間が売れる営業マンになれるはずがありません。
お話しにならないってやつですね。

売れる営業マンでも、悪口を言う人は大成できない

さて、ここからが今日の本題です。

最近、私の周りに「ちょっと、危ういな…」と、ヒシヒシと感じる人がいました。

ですので、今現在売れている営業マンだったとしても、悪口を言っていると大成できない理由をあげてみます。

自分の正義を振りかざしているだけ

他人の悪口をいう心理にはいろいろありますが、そのひとつに「自分の正義を振りかざす」というものがあります。

例えば「あの担当者は、いつも重箱の隅を突く様な細かいことばかり言いやがって」と思っているとします。でも、それは自分の主観であって、相手の事情などは関係ないわけです。

親の本当の気持ちは、自分が親にならないと分からないように、人間と言うのは、その立場にならなければ本質的なことは判らないんですね。

もしかしたら、その細かい担当者も「本当は営業マンに細かいことを言いたくはないけど、細かい上司に睨まれるから嫌われ役だと分かっていて言っている」かもしれません。

こういうことが分からない人間が、取引先と長期間に渡っていい関係を続けたり、部下に対していいマネージメントが出来ると思いますか?

相手を舐めている

仕事の出来る人間の中に「相手を舐めている人」が存在します。
違う言い方をすれば「見下す」って言うんですかね。

でも、私に言わせれば、そういう人間に限って「たいした実力もない」ことが多いんですよ。

例えば、「本当に、あいつはいつも訳の分からないことばっかり言うな~」と思っているとします。でも、それって「相手が理解できるような伝え方ができてない」からかもしれませんよね。

そういうのを棚に上げて「全く、仕事の出来ない担当者を相手にするは疲れるぜ!」と言っているようでは、お先真っ暗としか言いようがありません。

中途半端な実力者に多いので気を付けましょう。

感謝が無い

ハッキリ言いますけど、営業マンなんてお客さまがいなかったら何の役にも立ちません。そのことを忘れ、お客さまに感謝が出来ない人間が大成できるはずがないんです。

ちょっと売れるようになっただけで「俺の実力だな」と木に登る営業マンがいますが、そういう営業マンの半年後や1年後は悲惨なものです。

過去に当ブログに書いたことがありますが、教材販売営業の会社で単月の全国トップを取った営業マンが、次月からド低迷して数ヶ月持たずに去っていったなんて姿を何度も見てきましたからね。

「お客さまに足を向けて寝られない」というくらいが調度いいんですよ。

ただ、私の場合は全国あちこちに顧客がいますので、東西南北どこにも足を向けて寝れないという困った状況なんですけどね…

まとめ

今日の記事は、このブログを読んでいる「たった一人」のために書きました。

この記事を読んだかどうか確認する方法はありませんが、もし「私のことかな…?」と思ったのであれば反省してください。

あなたは今現在活躍されていますが、このままだと遅かれ早かれ取り返しがつかないことになりますよ!