「このハゲーーーーーーー!」と秘書に向かって叫ぶ音声で有名になってしまった自民党の豊田真由子議員のことは、連日のようにニュースで取り上げられていますのでご存知ですよね。

これだけパワハラが問題になっている上に、SNSなどで一気に悪評が拡散されてしまうご時世で、あそこまで典型的なパワハラをし続けてきたことを考えると、豊田真由子議員ってエリートだけど本当に賢いとは言えませんよね。

常に他人を見下して生きてきたのでしょう…

さて、昔に比べて減ってきたとはいえ、まだまだ世の中にはパワハラは存在しますし、営業会社では数字の追及がエスカレートして事実上のパワハラになっているというケースも多いと思います。

そこで、営業マンのみなさんに「パワハラ上司」の対応策についてお教えしますね!

スポンサーリンク

数字の鎧を身に付ける

営業マンに出来るパワハラ上司対策で一番いいものが「数字の鎧を身に付ける」という方法です。
簡単に言えば、圧倒的な数字を叩きだせばいいんですよ!

もうね、これは効果抜群です。

私が営業を始めた頃は、本当にパワハラやセクハラなどが日常茶飯事のように行われている営業会社が多かったですが、どこの営業会社でも数字を上げていたので、ターゲットにされることはありませんでした。

ですから、数字を上げましょう!

「そんなに簡単に数字が上がったら苦労してないわ!」と思っているのであれば、売れる営業マンになる方法は当ブログに書いてありますから、もっと勉強してください(笑

迫力のある部下に対してパワハラは出来ない

迫力ある表情

誤解しないように最初に言っておきますが、大前提としてパワハラする方が悪いです。これに間違いはありません。

しかし、パワハラのターゲットになりやすいタイプも存在するのも事実なんですね。


例えば、豊田真由子議員と秘書の録音ですが、私は「豊田議員ってモンスターだな。これはアウトだわ…」と思ったのと同時に「何でこの秘書はここまで言われてペコペコしてるんだ?」と不思議に感じました。

支援者に送るバースデーカードの宛名を間違えるなど、普段から迷惑をかけていた負い目があるからかもしれませんが、「生きてる価値が無い」などと人間としてバカにされただけでなく、「お前の娘を轢き殺されても、そんなつもりじゃなかったです~って言ってみろ~~」などと、子供のことまで言われているわけじゃないですか。

そこまで言われてるんですから、「仕事のことは申し訳ないと思いますが、そこまで言われる筋合いはないです!」とか「それは、脅迫ですか?」って、ビシッと言い返せばいいんですよ。

「そんなこと言ったら、秘書をクビになって仕事を失うじゃないですか…」と思う方もいるかもしれません。でも、あんな議員のもとで秘書の仕事をずっと続けるのがいいことでしょうか?

要は、弱腰で「すみませ~ん…」とか言ってるから、舐められちゃうわけです。

私は若い頃、猛獣のような肉食系が集まる訪販の会社を渡り歩いてきましたが、「売ってくるから、黙って見とけ!結果がなければ、いつでも辞めてやるから!」という空気をビンビン出して働いていましたので、ほとんどの上司から何も言われませんでしたよ。

舐められないように、迫力ある態度でいるようにしましょう!

どうしようもないときは証拠を残す

ただ、理不尽極まりない上司のパワハラで、メンタルがやられて鬱になってしまうかもしれないほど追い詰められているのであれば、豊田議員の秘書ではありませんが、ICレコーダーで録音した証拠音源を残しておくといいでしょう。

例えば、課長のパワハラが酷いということを部長に報告しても、証拠がなければうやむやにされてしまうかもしれませんし、場合によっては「こいつは組織の危険分子だ」と、あなたの立場が悪くなるリスクだってないとは言えません。

そんなことしなくても話し合いで済めばいいのですが、全く話し合いにもならないような上司っていますからね。

でも、最終手段ですよ。
できれば、正々堂々と膝を突き合わせて、とことん話し合って解決すべきです。