テレアポの「こちらから連絡するよ」って、「今度、機会があったら飲みに行きましょう」と同じで当てになりませんよね。

「で、いつですか!?」と思うのは、私だけではないはずです(爆笑

さて、コメント欄にテレアポに関するこんな書きこみがありました。

私もテレマのアポインターで、お客様によく「考えてこちらから連絡するよ!」と日時設定が組めず逃げられたりしますので早速応用したいと思います。

「こちらから連絡するよ」という方への本音トーク

「〇〇さま!私のこれまでの経験から言えば『考えときます!こちらから連絡します!』というお客さまとはご縁がないことがほとんどなんです。何日か後にご連絡すると『まだ、検討中です…』と言われてしまうんですよね… ですから、無理して勧めるつもりはありませんし、私も勘違いして期待を持ちたくあませんので、実際に○○様にとって聞く価値があるのか?ないのか?を本音でお教えくださいませんでしょうか?」

とこんな感じで試してみようと思ってますがいかがでしょうか?

出典:コメント ‹ 営業のコツやノウハウでビジネス・営業力で人生を成功 | 営業.biz — WordPress


※ こういうコメント待ってたんですよね。無料質問コーナーにメールするほどではない「ちょっと知りたいこと」は、コメント欄に書きこんでもらえれば、内容によっては記事としてお答えします!

ということで、ブログ読者のぽぽろさんから頂いたコメントをお題にして、テレアポで「こちらから連絡するよ」と言われたときのコツについて、一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

大前提は「こちらから連絡するよ」と言わせないようにすること

検討するイメージ

テレアポで「こちらから連絡するよ」と言われたときのコツに入る前に、どうしても言っておきたいことがあります。

それは、「こちらから連絡するよ」と言われない(言わせない)ようにすることが一番重要だという点です。

もちろん、テレアポの場合、一定の確率で「こちらから連絡するよ」と言われるのは間違いありませんが、その確率を1%でも下げる方法を常に考え続けるようにしてください。

電話営業か最後の手段ならOK

さて、ここからはコメントに頂いた「ぽぽろさんのトーク例」について考えていきましょう!

結論から言えば、ぽぽろさんが作成したトークは悪くはありません。

しかし、このトークを使うとしたら、電話でクロージングまでして完結する「電話営業」の場合と、「これを言って切られてもしょうがない」というアポの本当に本当の最後にするべきです。

先日、このブログの記事として書いた本音のクロージング「検討しますって、検討する気ないでしょ!?」の記事は、そもそもテレアポではなく、商談の現場で使うことを想定した内容なんです。

ぽぽろさんも、それは分かった上でテレアポトークに応用しようと思ったのでしょうが、中には分からない方もいるかもしれませんので、念のため解説しますね。

「検討する気ありますか?」と営業マンが本音をぶつけられるのは、実際に顔を合わせて雑談などをしたり、商談で「ニーズ」「商品説明」「料金説明」などの説明を受けたことによって、お客さまが商品やサービスの全貌を把握した状態だからです。

もちろん、テレアポで踏み込んだ話になってしまって、商品や料金まで話してしまうことがないとは言いませんが、ケースとしては多くないですよね。

ですから、その状態で「検討する気あるの?」という本音クロージングを使うのは、以下のようなものですよ。

状況:街で「俺と結付き合ってよ」とナンパした相手が渋っているとき

トーク:「考えさせてって言う女子って、何日か後にLINEしてもブロックされちゃって縁がないんだよね~。だからさ、無理して付き合ってくださいって言ってるわけじゃないし、俺も変に期待したくないから、付き合うつもりがあるかどうか教えてよ~」


こんこと言われたら「なんだ、こいつ!?」って思うでしょ(笑

たいして説明していないテレアポで「検討する気ありますか?」と聞くのは、同じ学校や職場でもない「どこの誰だか判らない人」に付き合う気があるのかないのかを聞くのと同じことです。

みなさんのご意見をお待ちしております

さて、みなさんは「検討します!」とテレアポで言われたらどう切り返しますか?

私の手法をお教えしてもいいのですが、当ブログは営業の仕事に携わっている読者が多いので、敢えてお題として出させて頂きます。

「私は、『・・・・・・・・・・』と切り返しています!」というようなコメントをお待ちしています!