テレアポの「こちらから連絡するよ」って、「今度、機会があったら飲みに行きましょう」と同じで当てになりませんよね。

「で、いつですか!?」と思うのは、私だけではないはずです(爆笑

さて、コメント欄にテレアポに関するこんな書きこみがありました。

私もテレマのアポインターで、お客様によく「考えてこちらから連絡するよ!」と日時設定が組めず逃げられたりしますので早速応用したいと思います。

「こちらから連絡するよ」という方への本音トーク

「〇〇さま!私のこれまでの経験から言えば『考えときます!こちらから連絡します!』というお客さまとはご縁がないことがほとんどなんです。何日か後にご連絡すると『まだ、検討中です…』と言われてしまうんですよね… ですから、無理して勧めるつもりはありませんし、私も勘違いして期待を持ちたくあませんので、実際に○○様にとって聞く価値があるのか?ないのか?を本音でお教えくださいませんでしょうか?」

とこんな感じで試してみようと思ってますがいかがでしょうか?

出典:コメント ‹ 営業のコツやノウハウでビジネス・営業力で人生を成功 | 営業.biz — WordPress


※ こういうコメント待ってたんですよね。無料質問コーナーにメールするほどではない「ちょっと知りたいこと」は、コメント欄に書きこんでもらえれば、内容によっては記事としてお答えします!

ということで、ブログ読者のぽぽろさんから頂いたコメントをお題にして、テレアポで「こちらから連絡するよ」と言われたときのコツについて、一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

大前提は「こちらから連絡するよ」と言わせないようにすること

検討するイメージ

テレアポで「こちらから連絡するよ」と言われたときのコツに入る前に、どうしても言っておきたいことがあります。

それは、「こちらから連絡するよ」と言われない(言わせない)ようにすることが一番重要だという点です。

もちろん、テレアポの場合、一定の確率で「こちらから連絡するよ」と言われるのは間違いありませんが、その確率を1%でも下げる方法を常に考え続けるようにしてください。

電話営業か最後の手段ならOK

さて、ここからはコメントに頂いた「ぽぽろさんのトーク例」について考えていきましょう!

結論から言えば、ぽぽろさんが作成したトークは悪くはありません。

しかし、このトークを使うとしたら、電話でクロージングまでして完結する「電話営業」の場合と、「これを言って切られてもしょうがない」というアポの本当に本当の最後にするべきです。

先日、このブログの記事として書いた本音のクロージング「検討しますって、検討する気ないでしょ!?」の記事は、そもそもテレアポではなく、商談の現場で使うことを想定した内容なんです。

ぽぽろさんも、それは分かった上でテレアポトークに応用しようと思ったのでしょうが、中には分からない方もいるかもしれませんので、念のため解説しますね。

「検討する気ありますか?」と営業マンが本音をぶつけられるのは、実際に顔を合わせて雑談などをしたり、商談で「ニーズ」「商品説明」「料金説明」などの説明を受けたことによって、お客さまが商品やサービスの全貌を把握した状態だからです。

もちろん、テレアポで踏み込んだ話になってしまって、商品や料金まで話してしまうことがないとは言いませんが、ケースとしては多くないですよね。

ですから、その状態で「検討する気あるの?」という本音クロージングを使うのは、以下のようなものですよ。

状況:街で「俺と結付き合ってよ」とナンパした相手が渋っているとき

トーク:「考えさせてって言う女子って、何日か後にLINEしてもブロックされちゃって縁がないんだよね~。だからさ、無理して付き合ってくださいって言ってるわけじゃないし、俺も変に期待したくないから、付き合うつもりがあるかどうか教えてよ~」


こんこと言われたら「なんだ、こいつ!?」って思うでしょ(笑

たいして説明していないテレアポで「検討する気ありますか?」と聞くのは、同じ学校や職場でもない「どこの誰だか判らない人」に付き合う気があるのかないのかを聞くのと同じことです。

みなさんのご意見をお待ちしております

さて、みなさんは「検討します!」とテレアポで言われたらどう切り返しますか?

私の手法をお教えしてもいいのですが、当ブログは営業の仕事に携わっている読者が多いので、敢えてお題として出させて頂きます。

「私は、『・・・・・・・・・・』と切り返しています!」というようなコメントをお待ちしています!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. フクロウ より:

    私の場合は、

    「どういった部分をご検討されるのでしょうか?」 と 聞いて見ます。
    (納期?サイズ?費用対効果?支払い?金額?決定権者への相談?等)

    そこから本音を引き出せれば次へ進めるかなと思います。

    本音がでてきたらそれに対しての提案

    「それでは○○迄にご検討頂けますか?」と期限も決めます。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      フクロウさん!
      コメントありがとうございます。

      そうですよね。
      商談であれば、その質問は非常に有効だと思います!

      期限を切るのも素晴らしい(*^^)v

      • フクロウ より:

        しかしテレアポでは難しいですね f^_^;

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          フクロウさん!

          テレアポも商談と同じで、極めようと思ったらなかなか奥が深いものですよね。

  2. 携帯 より:

    いつも楽しく勉強させていただいております。
    せっかくの機会ですので、コメントさせて頂きます。

    『またこちらから連絡するよ。』に対しての切返しですか。
    同じく言わせないように展開を持っていきますが、言われると難しいですね。

    既に少し仲良くなってきているという前提ですが、体験談を話すのはいかがでしょうか。

    『丁度先ほど検討しているお客様とお話させていただいたのですが、検討している期間でこんなことがおこってチャンスを逃してしまったんです。』というように機会の特別性を強調すれば、「あーなるほど。そうかもしれないな。」と感じてもらえるかもしれません。

    そこで『導入するしないは御社がお決めになることですし、1回だけ気軽に聞いてみてください。』と訪問につなげるか、ヒアリングを繰り返すかと繋げていきます。

    確度は高くないかもしれませんが、訪問は出来るかと思います。

    いかがでしょうか。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      携帯さん!
      お久しぶりです。

      携帯さんなりの切り返しトーク、ブログ読者の参考になると思います。
      ありがとうございます。

      さて、「いかがでしょうか。」と聞かれているので答えますが、テレアポも何度か電話してアポになるケースがありますので、そういう相手に対して使うといいですね。

      「テレアポで人間関係なんて出来るの!?」と思う方もいるかもしれませんが、実際にはあったこともない電話の向こうの営業マンを信頼してくれて、訪問したら契約が確定みたいなアポってありますからね!

  3. yamayo より:

    みなさんのご意見をお待ちしております

    さて、みなさんは「検討します!」とテレアポで言われたらどう切り返しますか?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    私は、テレアポの中でネットに携わっているので、その時のトークなんですが。

    『あ‼︎そうですよね。』と一度、共感をして、
    『◯◯であれば、◯◯だと思うんですが、今回は◯◯は実はないんですよ‼︎と。』
    切り込んでいきます。
    お客様(相手)からの【検討します!】
    に関しては、本質を理解せずに言われることが
    多いと思うので、まずは、相手が悩んでる部分は、
    悩みでは無いですよ?と。
    まずは、気づかせてあげるのがベストな気がします。
    それでも、悩んでいるのであれば、
    時期トークなどを入れていき、ターゲットに
    はめていけば、検討したいというお客様も、
    獲得、APOになると思います。

    いかがでしょうか?

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!
      inoさんがコメントしてくれていますよ。

      「みなさん」とあったので、私は敢えてコメントを控えていました。

      こういう読者の営業マン同士が自分の意見や手法をシャアしあう場に当ブログがなれば、私としては一番嬉しいですね!

      • yamayo より:

        本当にそうですね。
        色んな人の意見が聞けて
        すごくワクワクします。
        これからも、活用させて頂きます‼︎

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          yamayoさん!

          yamayoさんも、思うところがあったらコメントしてあげてくださいね。

  4. ino より:

    私ならば、どこに興味を持ったかを聞きます。結構ですではなく、検討しますということは、完全に嫌がっているわけではないと考えるからです。
    何より大切なのは期限を切ることだと思います。いつお返事くれますか?〇〇までに語もう一度ご連絡させていただきたいのですがいかがでしょうか。と聞きます。

    この話題とは関係なく申し訳ないのですが、既存客へのテレアポが取れず苦しんでおります。引き継いでまもなく、関係性が結べていないことが原因だとはおもいますが、なかなか面談の機械が得られません。電話で断られるなら直接行こうとも思ったのですが、大きな企業相手だとアポなし訪問は失礼な感じがして渋ってしまいます。(門にガードがいるような会社)
    既存客へどうやってアポイントをとればよいかアドバイスいただければ幸いです。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      inoさん
      コメントありがとうございます。
      他のブログ読者の参考になると思います!

      さて、質問の件ですが、inoさんの会社の業種・業態、また、部署として、また、前任の担当者が取引先とどのような関係性だったかが分からないので、正確にお答えすることが出来ません。

      inoさんとの関係性よりも、これまでの関係性に問題がなかったかを探ってみてはいかがですか?

    • yamayo より:

      ionさん
      コメント頂きありがとうございます‼︎

      期限を切ることは大事ですよね。
      そうすると。
      一度、検討して頂く期間を設けると
      いうことだと思うので、
      前提としては、アピールなどをさし
      意思を取った段階という事で宜しいでしょうか?

      また、検討材料などを提示して、
      次の折り返しで、APOもしくは、断りという形で
      相手の意見をハッキリさせるのが、
      目的でしょうか?

  5. 哲也 より:

    白井さま、初めまして。

    最近、白井さまのブログをたまたま見つけまして、拝読しておりまして。
    わたしは、個人事業で営業をしていました。テレアポもしてました。50歳過ぎて再度起業を準備中です。よろしくお願いします。

    さて、私は何でもストレートに聞く影響スタイルです。
    なので、商品を理解していないと判断したら「○○社長、電話ではよく理解しにくい商品です。お伺いして説明する事も可能ですが、来週○○曜日ご都合はいかがでしょうか?」とたずねてました。
    この営業は自信がありそうという印象が与えられるようで、度々アポに繋がりました。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      哲也さん!
      初めまして。
      また、コメントもありがとうございます。

      哲也さんのご経験は、当ブログの読者であるビジネスマン達の参考になるところも多いと思いますので、非常にありがたいです。

      こちらこそよろしくお願いします!

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事