アウトプットについて、以前以下の記事を書きました。

【参考】営業マンがアウトプットの訓練をするいい方法

しかし、その後コメントが増えないので、先日、このような記事も書いたのはご存知かと思います。

【参考】当たり前から何を感じ取れるかが、凡人とトップセールスの違いなんだよね

これで全くコメントがないようであれば、本当にブログを止めるか、しばらく休むか、それともブログを有料化して本当に読みたい方だけに情報を発信するようにするか悩みました。

ただ、以前よりコメントが増えてきたので、もうしばらく無料ブログとして継続していこう思います。

コメントをくださった方や「やめないでください」と言ってくださった方、本当にありがとうございます。この場をかりてお礼を申し上げます。

さて、今回のことや頂いたコメントから感じたことがあるので、今日はそれについて率直に書きたいと思います。

スポンサーリンク

読者から頂いたとあるコメント

思ったこと

頂いたコメントの中に、以下のようなコメントがありました。

アウトプットが難しいです。
毎日記事を見て「書こう!」とは思うのですが、書いて、見直して、行き詰まり、なかなかコメントできない最近です。練習あるのみですね…
営業.biz大好きなのでやめないでください!

出典:当たり前から何を感じ取れるかが、凡人とトップセールスの違いなんだよね


以前からブログの読者のHUSKYさんからのコメントなのですが、「なるほど~…」って思ったんです。コメントすることに難しさを感じている方も多いのかと。

確かに、どこかのブログにコメントをするときは、「この文章で真意が伝わるだろうか…」とか「誤解を生む表現ではないだろうか?」って慎重になりますからね。そうそう、毎日更新している記事だって、多いときは10回くらい書き直すこともあります。

ただ、営業力をつけたいのであれば、ちょっと無理してもアウトプットした方がいいですよ。

並の営業マンとトップ営業マンの違いは沢山ありますが、突き詰めると「アドリブ力」の違いになってくるんですよ。

考えてみてください。

基本トークや応酬話法、商品知識などがパーフェクトに頭に入っていたとしても、商談の現場でお客さまが何を言いだすかって判らないじゃないですか?

そんな想定外の質問が飛んできたときに、打てば響くような受け答えが出来る営業マンって「やるなぁ~!」って思われるわけです。

そして、そんなアドリブ力をつける方法は訓練あるのみなんですね。

ただ、実際の現場で訓練するのはリスキーなので、このブログのコメント欄を使ってもらえたらと本気で思います。

コメントにはコメントを返します

コメント欄を見て頂いている方は判っていると思いますが、私は全コメントにコメント返しをしています。絶対にスルーはしません。

また、とんでもない誹謗中傷でもない限り、コメントを非表示にしたりもしません。(ここ4年2ヶ月で非表示にしたコメントは1件だけです)

実は、私が自信を持っていることのひとつに「気の利いた切り返し」があるんです。どちらかと言えば、記事を書くよりも、何かに対してコメントする方が向いているとすら思います。

ですから、みなさんからのコメントに対して、いろんな角度からコメントを返させて頂きますので、そこからも学んでうださい。

まとめ

あと、私自身もみなさんのコメントから、いろいろと学ばせてもらっています。やっぱり、自分と違う価値観や考え方の意見って、本当に勉強になりますからね!

ブログを書くことも楽しいですが、「どんなコメントが来てるのかな?」という楽しみも増えました。

本当にありがとうございます。



スポンサーリンク
おすすめの記事