営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回はロープレを実施する時のコツという質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

今回の質問

以前からのブログ読者の方から以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

毎日ブログ拝見させていただいております!
はなこと申します。

以前に2回ほど相談させていただき、その時は大変お世話になりました。
ありがとうございます。

この度、わたくし昇進いたしました。
こんな私でも認めてもらえて、ますますやる気になっております、今日この頃でございます(笑)

現在部内の成約率を上げる取り組みをしております。

おかげさまで1年前は全体で30パーセントだった成約率が今年度入ってから40パーセントを超えました!継続できるよう、頑張っていきたいと思っております。

今回取り組みのひとつとして、以前はあまりしっかり出来ていなかった、ロープレを定期的に実施したいなぁと考えております。

以前は部内でロープレをすると、”〇〇がよくない”とか、”〇〇はもっとこうしろ”とか、どちらかというとネガティヴな面を指摘する傾向にあったと思います。

これだと、接客した本人が逆に落ち込んでしまったり、萎縮してしまって本来の力を発揮出来なかったりするのでは?とずっと思っておりました。

そこで、これからは前向きなロープレを実施したいと考えております。良いところを褒め合うロープレにして、その人のプラスをより伸ばせるような時間にしたいと思うのです。

しかしながら、グループのリーダーなんてやったことないもので、これで果たして本当にいいのか悩んでいます。今まで通りした方がいいのか、今まで通りだとたいして結果も出ない気がしますし…

何かロープレをする際にした方がいいこととか、注意すべきことがあれば知りたいと思って、相談させていただきました。

また、他に人を育てる為の心構えみたいなものがあれば教えていただけませんでしょうか。私の中でビジョンはあるのですが、このまま突き進んでいいものか、確信が持てずにいるのです。

お忙しいところ、申し訳ございません。
毎日ブログ楽しみにしております。


質問に対する回答

はなこさん、お久しぶりです!
ちゃんと覚えていますので、「以前に2回ほど相談させていただき」とか言わなくても大丈夫ですよ。

今後、別のはなこさんが現れたら別ですが(笑

あと、昇進おめでとうございます!!!

今後は新たなステージで、今までとは違う問題に直面すると思いますが、更なる成長のチャンスだと思って頑張ってください。

マネージャーとしての悩み相談や質問も大歓迎ですので、今回のように遠慮なく質問してきてくださいね!

マネージャーとしての心構え

ロープレを実施するときのコツに入る前に、はなこさんのメール内にあった「人を育てる為の心構えみたいなものがあれば教えていただけませんでしょうか。 私の中でビジョンはあるのですが、このまま突き進んでいいものか、確信が持てずにいるのです。」の部分について、お答えします。

はなこさんが昇進したのは、会社が「こいつにマネージメントを任せてみよう!」と思ったからです。ですから、ビジョンを持っているのであれば、自信を持ってその道を進んでください。はなこさんには、その権限が与えられたんですよ!

私もマネージャー経験があるので気持ちがわかりますが、自分のことであれば「売れなかったとしても自己責任だ」と割り切れますが、他人のことになると簡単に割り切ることは出来ませんよね。

だからと言って「これでいいんだろうか…」と迷いながらマネージメントをすれば、部下は「この上司について行って大丈夫だろうか…」と不安を感じながら業務に取り組むことになってしまうわけです。

ですから、自分の正しいと思ったことを迷わず実行してください!
部下にとって心強いのは「自信満々でブレない上司の存在」です。

それに、既に成約率が10%以上もアップしているじゃないですか!
結果も出ていますし、自信を持って突き進みましょう。

もちろん、「これで大丈夫かな…」と思ったら、そのときは遠慮なく相談してきてください。

何度でも、アドバイスしますので!

ロープレするときのコツについて

ここからは、ロープレするときのコツについて回答します。

いいところを褒め合うロープレについて

はなこさんが考えている「良いところを褒め合うロープレにして、その人のプラスをより伸ばせるような時間にしたいと思うのです。」についてですが、結論から言えば、非常にいいアイデアだと思います。

私も過去に所属していた営業会社で、数多くのロープレの現場を見てきましたが、そのほとんどが売れない営業マンを追い詰めるような空気の中でのダメだしを連発するようなやり方ばかりだったので、その重苦しい雰囲気が営業マンを委縮させていました。

もちろん、悪いところを治すのも大切ですが、それだけでは良くても「平均的で妥当な営業マン」にしかなりませんので、その営業マンのいいところを尖らせる、磨き上げるようなロープレには大賛成です。

ただ、一方で気を付けなければならないことがあります。

それは、褒め合いも度が過ぎると「なあなあ」や「慣れ合い」を生んでしまうことです。

ですから、ロープレに関しては「恐怖で部下が萎縮するようなやり方」は間違っていますが、「一定の緊張感を保つこと」を忘れないでください。

そして、そういうところをコントロールするのが、マネージャーであるはなこさんの仕事です。

ロープレに関する過去記事を参考にしてください!

はなこさんのことですから、もしかしたら読んだことがあるかもしれませんが、当ブログでは過去にロープレに関する記事を書いたことがあります。

是非、参考にしてみてください!

【参考】ロールプレイングが営業力アップに繋がらない理由
【参考】ロープレの意味は質の高いルーチンの定着

正直に言えば、ロープレに関しては他にもいい方法はありますが、いきなり沢山の選択肢があっても迷うと思いますので、今回はこのくらいにしておきます。

はなこさんが、マネージャーとしても成功することを心から祈っています!
頑張ってください!!!!!

※ 【参考】
当ブログには、サイトマップページに過去記事の一覧がありますので、ショートカットキー【ctrl+F】でキーワード検索(今回の場合であれば「ロープレ」「ロールプレイング」)すると、お目当ての記事を簡単に見つけられますよ!

最後に

今回は、ロープレを実施する時のコツという質問に対する回答をお送りしました。

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」
こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

無料メール相談はこちら