質に走り過ぎると危険!?営業マンにとって数も重要な理由

数が重要

数と質。

営業でいえば、訪問数が数、成約率が質と言えます。「質」に拘るのは悪くはありませんが、そこには大きな落とし穴があることに気が付いていますか?

営業マンにはどうしても数が必要です。今日はその理由について。


スポンサードリンク




私は、「根拠のない精神論」や「教育という名のイジメ」みたいな事が横行している営業会社に居た頃がありましたが、そういうのはヘドが出るほど嫌いでした。

ですから、営業の質をあげる事に関しては異論はありませんが、その一方で数を忘れてはならないとも思います。

というのは、ここ数年の風潮として、「超効率営業」とか「訪問しなくてもトップになった」みたいな「質」というか「楽」なイメージが浮かぶようなタイトルの営業本が多い気がします。

面白い切り口だと思いますし、参考になることも沢山ありますが、問題は「質さえあげれば、営業成績が上がるのではないかと!?」と勘違いしてしまうことです。

では、何故数が必要なのでしょうか?

具体的に説明しますね。

【営業において数が重要な理由】

質ばかりいう人は、「楽をしたい」という気持ちがどこかにある

今から10年くらい前に所属していた訪販の会社での事です。

この会社で比較的コミュニケーションをとっていたSさんという営業マンがいました。

このSさん、尋常じゃない人間力があって、営業の素質は十分なのですが、まぁ、とにかくサボるサボる(笑

アポをかけるのが嫌で、業務中に抜け出して、その会社のオフィスが入っているビルの踊り場で大の字になって寝ちゃうような人です。(ある意味大物ですよね)

あと、オフィスで周りの営業マンがアポをかけまくっている中で、自分一人だけなんだかんだと理由をつけてアポをしない(笑

数を確保した上(努力した上)での「質」ならわかりますが、こういうのは単なる楽をしたいだけです。

質ばかりいう人は売り上げが頭打ちになる

これはもう単純です。月に5デモ(商談)しか打たない営業マンと、20デモ(商談)打つ営業マンとではチャンスの数が4倍も違います。

もちろん、扱っている商品やサービスによっては単価をあげることによって売り上げもあげられますが、デモ数が少ないと売り上げの限界がどうしても見えてきます。

質ばかりいう人は低迷したら半端ない

営業というのは、どんなトップセールスでも好不調の波があります。ましてや、質ばかり追求して経験不足の営業マンであれば、スランプは100%やってきます。

ところが、月に5デモ(商談)しか打たない営業マンは、スランプを脱出しようにもその機会が少なすぎます。

また、経験も少ないので、「何故、スランプになったんだろう?」と考えても答えが見つからないんです。

「そりゃ〜あ、ただ単に数が足りないんだよ」な〜んて言っても、このタイプは聞き入れませんしね。

スランプを抜け出せないまま消えた行った営業マンは数えきれないほどみてきました。

数をこなす中で質は磨かれる

これは営業に限らないと思いますが、そもそも最初から質を追求する事は出来ないはずです。

バットを振らなければ、ヒットは打てませんし、ヒット数を増やそうと思ったら打席に立ち続ける以外に方法がないわけです。

そういえば、4000本安打を達成したイチロー選手がこう言ってましたよね。

以下、引用

「4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」


この言葉、あなたはどう思いますか?


最後に。

当ブログでも何回か言っていますが、私は根拠のない精神論は嫌いです。
しかし、新人のうちから、結果が出ないうちから質ばかりを追いかけるのはどうかと思います。最近の風潮に少し違和感を感じていたのでお話ししました。

以上、営業マン白井でした。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントは受け付けていません。

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ