LINEのパソコン版が通話可能になって便利になりました!

そこで、新しいLINE(Winddows版)のダウンロード、登録(認証番号)・ログイン方法から、使い方・機能の紹介まで、写真付きで解りやすく解説します。

PC版LINEをはじめるには、PCとLINE登録しているスマホが必要ですので、両方を用意して手順取りにすすめてくださいね!

スポンサーリンク

Windows8 Store版LINEサービスの終了

私が新しいPC版LINEの存在を知ったのは、Windows8 Store版LINEにログインしたら、スマホに以下の通知が来たからです。

Windows8 Store版LINEサービスの終了通知

2017年7月3日をもってサービス終了!?

「おいおい!PCで作業中にLINEするときとか、長文を送るときに便利だったのにな…」と一瞬思いましたが、読みすすめたら次のように書いてあったのでホッとしました。

引き続きLINEをご利用いただくには、Windows版のLINEのダウンロードが必要です。

「そういうことなら、新しいWindows版のLINEを試してやろうじゃないの!」ということで、即効でダウンロードしたのですが…

ヤ・ヤバい!これ便利すぎ!!!!!と驚きました。

だって、通話も出来るようになってるんですからね!

ですから、LINEの最新PC版をダウンロードしてない方は、今すぐ以下の手順に従ってやってみてください!

LINEのPC版(windows)のダウンロード方法

最新のLINE・PC版(windows)をダウンロードするには、以下の2つのURLのどちらかをクリックしてダウンロードする必要があります。

  1. http://line.me/download
  2. https://lin.ee/1Jvn9WJ

1のURLをクリクすると、以下のLINEタウンロードページが開きます。

LINEダウンロード画面

画面右側のPC/Macとパソコンの下にあるWindows版をダウンロードをクリックしするか、2のURLをクリックするといきなりダウンロードが始まります。

line.windows.ver2

このアイコン(LINEIst.exe)が表示されたらダウンロードの第一段階に成功です!

この時点ではPC版LINEをダウンロードするための実行ファイルをダウンロードしただけの状態ですので、更に以下の手順ですすめてください。

PC版LINEのダウンロード

いよいよPC版LINEのダウンロードです。
簡単ですので、以下の写真をみながらすすめていきましょう!

line.windows.ver(言語選択)

言語が「日本語」になっているかを確認してOKをクリックして次に進みます。


line.windows.ver利用規約

次に利用規約への同意が表示されますので、同意するをクリック。


line.windows.verダウンロード中

line.windows.verダウンロード完了画面

通信状況にもよりますが、1~2分でダウンロードが終了し、インストールの完了画面が表示されたら無事ダウンロード完了です!

PC版LINEの登録とログイン方法

Windows版LINEを使うためには、簡単な登録が必要です。また、認証にスマホが必要ですのでスマホを用意してから以下の手順で登録しましょう!

メールアドレスによる登録とログイン

line.windows.verメール登録

メールアドレスを使った登録には、LINEに登録してある「メールアドレス」と「パスワード」が必要です。

毎回打ち込むのが面倒な人は「自動ログイン」や「Windows起動時に自動実行」にチェックをいれてログインすれば、2度目からはメアドやパスワードを省略できます。

ログインをクリクすると、以下の認証番号が表示されます!

line.windows.ver 認証番号


スマホのLINEを開いて、以下の画面の空欄に上記4桁の認証番号を打ち込めば完了です!

line.windows.ver スマホの番号認証画面

QRコードによる登録とログイン

line.windows.ver QRコードによるログインと登録

スマホでLINEを登録したときのメールアドレスやパスワードを忘れてしまった方は、QRコード登録・ログインが便利です。PC画面上に表示された登録・ログイン用のQRコードをLINEで友達をQRコード登録するのと同じ要領で読みこめばOK!

それだけで、パソコン版LINEが使えるようになります。

電話番号による登録とログイン

line.windows.ver 電話番号登録・ログイン

登録と初回ログインはできないようです。(2回目からは可能)

windows版LINEの便利なところ(機能紹介)

最後に、windows版のLINEの便利なところを紹介します。

音声通話が出来る!

私は今日までwindows8版のLINEを使っていたのですが、最も不便だったのが「音声通話」が出来なかったことでした。

以下の画面を見てもらえればわかりますが、通話ボタンが有りません…

line.windows8.ver ホーム画面


一方、新しいwindows版のLINEには、音声通話もビデオ通話のボタンもちゃんとあります!

line.windows.ver 通話ボタンとビデオ通話ボタン

スマホを使って通話していると、あっという間に電池が無くなってしまいますが、PCを使える状況のときはLINE通話はパソコンですればいいわけです。

これ、スカイプ要らないな…

トーク画面が別窓で複数開ける

個人的に便利だと感じたのは、以下のようにトーク画面を複数開くことが出来るようになったことです。

line.windows.ver 複数のトーク画面

上記の写真をみればわかりますが、友達とのトーク画面を別々にデスクトップに複数表示させれるんですね!

Windows8 Store版LINEやスマホだと、複数の友人とのLINEのメッセージのやり取りが重なると、Aさんのメッセージを送信したら、そのトーク画面を閉じて、Bさんのトーク画面を開く必要がありました。

でも、Windows版であれば、メッセージのやり取り中の友達の画面を開きっぱなしにしておけるわけです。

これ、いいですよね!

PDFやExcelなどの文書ファイルの送信も可能

PC版のLINEでは、PDFやExcelなどの添付ファイルも簡単に送信できます!

line.windows.ver ファイル送信

もちろん、PC内の写真などもLINEのトーク画面から呼び出して送信することが出来て超便利!

閲覧は7日間の期限付きなので、LINEの運営会社のサーバーにデータが永遠に残ることもありません。もちろん、受信者は添付ファイルの保存も出来ますよ!

最後に

LINEでメッセージの次に使うのが通話ですよね。
でも、スマホで通話するとバッテリー残がみるみる減っちゃうじゃないですか!

ですから、PCを使える環境のときは、PC版LINEを使えばいいわけです。

本当に便利なので、是非ダウンロードして使って見てください!!!!!