ワイシャツ下の涼しいインナーとしてユニクロのドライEXがおすすめです!

通気性がいいので涼しく、速乾性もいいので汗をかいても安心。更にストレッチ素材で着心地がいい上に、デザインもいいのでプライベートで私服としても使える優れもの。

暑い日用のインナーをお探しの方は必見ですよ!

スポンサーリンク

ビジネスマンの夏のインナー問題

夏のワイシャツ下インナー

クールビズでビジネスマンのノーネクタイが許されるようになって随分経ちました。でも、私のように営業マンの方は、長袖のワイシャツにネクタイをビシッとしなければならないので真夏は地獄ですよね。

だからといって、ワイシャツ下に何も着ないのはマナー違反ですし、肌着やTシャツなどのインナーを着れば暑いだけでなく、汗を吸収した生地が不快で気持ち悪い…

夏の暑い時期に、ほとんどのビジネスマンが感じる「夏のインナー問題」です。

しかし、この問題を解決してくれるインナーを遂に見つけました!
それが、ユニクロのドライEXです。

ワイシャツ下の涼しいインナーに最適なユニクロのドライEX

夏用の服やスポーツジム用のTシャツを探していたので、「たまには、ユニクロに寄ってみるか…」と店内に入ってみると、以下のコーナーに目が止まりました!

ドライEX(ユニクロ)のコーナー

「お!いい感じのスポーツウエアあるじゃんか!!」と思ってポップをみたら「ドライEX」と書いてあります。

ドライEX(ユニクロ)のポップ

さっそく手に取ってみたのですが、軽くて薄いのでビックリ!

しかも、色やデザインがいいので「私服のインナーやアウターとしてもいいし、仕事で着るワイシャツ下の肌着としても使えそう!」と直感して、デザインの違う白とグレーのドライEXを計4枚購入しました。

ドライEX(ユニクロ)白とグレー

カラーバリエーション

ドライEXには、白、黒、濃いグレー、グレー、赤、オレンジ、青、紺、緑などのカラーバリエーションがありますが、仕事用のインナーとして使うことを考えると白とグレーの2択でした。

デザイン

また、ドライEXには、以下の写真のように「Vネック」と「丸首」の2種類があります。

ドライEX(ユニクロ)グレー・Vネック

ドライEX(ユニクロ)白・丸首

どちらにするかは、好みで選んで問題ないと思いますが、ワイシャツのボタンを外すことが多いのであれば、Vネックにしておくといいでしょうね。

あと、デザインも数種類(5種類くらい!?)ありました。

ドライEX(ユニクロ)グレー・ボーダー柄
グレーの方は、良く見るとデザインがボーダーになっていますし、


ドライEX(ユニクロ)白・迷彩
白は迷彩柄のデザインになっていますよね。


しかも、良く見ると判りますが、通気用の穴の大きさの違いがデザインになっています!

プリント部分の通気性や吸水性が悪いTシャツは汗をかく夏場は不快ですが、ドライEXは通気用の穴の大きさを変えることで、デザイン性と快適さを両立しているんですね。

これには感心したというか脱帽ものです。

薄くて軽く、ストレッチの効いた素材

この写真を見てください!

ドライEXの記事の薄さ

これはドライEXの内側から部屋の写真をスマホで撮ったものですが、左上に薄っすらとテレビの画面が透けて見えているのがわかりますよね。

もう、めちゃくちゃ薄いんですよ!

ただ、薄いとはいえ、ストレッチが効いた丈夫な素材が使われています。



これは、購入したグレーのドライEXの首部分を伸ばしたところなのですが、こんなに伸びるだけでなく、手を話せばしっかりともとに戻ります。

素材によっては、Tシャツや肌着の首回りって伸びてしまってすぐに駄目になりますが、そういう心配もなさそうです。

ドライEXはスポーツウエアとして作られていますので、丈夫に作られているんでしょうね。

ちなみに、着ると判りますが「めちゃくちゃ涼しい」だけでなく「凄く軽い」んです。
一度着たら他のTシャツや肌着を着る気になれません。

ドライEXは3wayで超コスパがいい!

ドライEXは、以下の写真のように気回せますので、それぞれ買いそろえることを考えたらコスパは最高です!

本来の目的であるスポーツウエアとしては、当然ですが、



プライベートの私服として(カジュアルジャケットのインナーとしても、おしゃれですよね!

ドライEX(グレー)

ジャケットのインナーとしてのドライEX(白)

また、ビジネスのワイシャツ下として着ても快適です。

ワイシャツ下のドライEX(グレー)

ドライEXは、ビジネスではワイシャツ下として、プライベートでは私服として、ジムではスポーツウエアとして使えるので、まさ3wayというわけです。

ドライEXのメリットまとめ

実際に着てみましたが、あまりに着心地がよく涼しいので、あと3枚買う予定です。(計7枚で1週間分になるので)

最後に、気が付いたメリットをまとめておきますね!

  • デザインがいい
  • 通気性が良く涼しい
  • 吸水性が良く、汗をよく吸う
  • 撥水性がいいので、すぐ乾く(汗や洗濯後など)
  • サラサラな肌触りで気持ちいい
  • 仕事・プライベート・スポーツジムなど、シーンを選ばない
  • 丈夫でストレッチの効いた生地で快適
  • 安っぽく見えない(色やデザインにもよる)
  • 着ているのを忘れそうな軽さ
  • 安くてコスパがいい

ただ、「家の近くにユニクロがない」「買いに行くのが面倒くさい」「お店にお目当ての色やデザイン、在庫がない」という方もいると思います。

そういう方は、いかのオンラインショップを利用するといいですよ!

UNIQLO|ユニクロ公式サイト



スポンサーリンク
コメント一覧
  1. スマイル より:

    こんにちは 白井さん ユニクロは商売が上手ですよね。
    製品一つ一つに機能性とデザインがあり ユニクロをブランディング化も上手いです。しかも実際購入するためのお店に行けばお店もおしゃれでかっこよくグレードがさがりません。まさに営業マンいらずのお店ですね。勉強になります。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      スマイルさん!
      コメントありがとうございます。

      本当にそのとおりですよね(*^_^*)

      私が思うユニクロの優れたところは、商品をインナーやシャツ、デニムやチノパンなどのパンツなどの、老若男女を問わず定期的に買換え需要が発生しやすいものに絞っていることです。

      以前、フランスのパリの大型店に行ったときに、オシャレなフランス人がユニクロ商品を買いまくっていたのには驚きました。人種も超えて支持されているなんて素晴らしいですよね!

      柳井社長は、私が尊敬する社長のひとりなので、これからもユニクロには伸びてもらいたいです。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事