テレビのニュースで「痴漢した男が線路上を逃げた!」とかって聞きますよね。昨日は「逃走中の男がビルから落ちて死亡した」というショッキングな事件も起きました。

何故、ラッシュ時は完全に男女別車両にしないんですかね?

当ブログを読んでいる営業マンやビジネスマンで「電車通勤」の方も多いと思いますので、あなたが被害者になる可能性だって十分にあります。(冤罪もありえますからね)

そこで、男女完全別車両化で痴漢を撲滅という内容をお送りします。

ということで、この記事にはテレアポや営業のコツなどは一切ありません。完全な時事ネタと社会問題に対する問題定義なので、興味がある方だけどうぞ。

スポンサーリンク

女性専用車両では一向になくならない痴漢

女性専用車両

日本における女性専用車両の歴史は古く、明治45年に中央線で朝夕の時間帯のみで導入された「婦人専用電車」が最初です。

その後、廃止や再導入が繰り返され、現代版の女性専用車両が定着したのは、平成12年に京王線で試験導入された「女性専用車両」と言われています。

意外と昔からあったんですね。「だったら、一向に痴漢が無くならないことを鑑みて、更に女性専用車両を増やすとかすればいいのに!」と思うのは、私だけでしょうか。

被害にあう女性を無くすことができるだけでなく、痴漢した男性が線路上を逃げ回って運行の妨げになることも無くなりますし、冤罪で社会から抹殺されて人生が台無しになる男性もいなくなります。

鉄道会社の手間と労力がかかる以外に、デメリットがないと思うんですけどね。

女性専用車両では一向になくならない痴漢をいつまで放置し続けるんでしょうか?

男女完全別車両化するべき理由

女性専用者に乗らない女性達

「女性専用者があるのに、その車両に乗らない女性がいるのって不思議だな…」

以前に、この疑問を職場の女性社員にぶつけたことがあるのですが、おおよそ以下のような理由でした。
  • 1両目など、不便な車両が女性専用になっていることが多い
  • 乗り換えに便利な車両に乗るから
  • 過去に痴漢被害にあったことがないので
  • 女性専用車両独特の雰囲気(化粧臭いetc)などが嫌い
結局、過去に自分が痴漢被害にあったことがないので、そのリスクよりも利便性などを優先してしまっている女性が多いんでしょうね。

でも、1年間に数百日も通勤するわけですから、絶対に自分が痴漢被害者にならない保障なんてないと思うんですが…

結局、女性専用車両を作っただけでは、100%の女性が専用車両を使うことはないわけです。

男性専用車両は男性も望んでいる

もし、男性専用車両があったら、間違いなくそちらに乗るという男性も多いと思います。

実は、私は小田急線という朝のラッシュ時の混雑が半端ない路線で通勤をしていたことがあるのですが、混んでいるだけでも肉体的・精神的にも大変なのに、それ以外にも気を使わなければならないのが本当に面倒臭かったです。

それは、社内にいる女性の存在。

化粧のファンデーションがスーツについて取れなくなったり、ヒールで足を踏まれて爪から出血したなど、いろいろありますが、そんなのは我慢すれば済むことです。

しかし、万が一「痴漢の犯人」と間違えられたら、その後社会復帰するのは難しいでしょう。

駅のホームで私服警官に羽交い絞めにされている男性を何度か見かけたことがありますが、自分が冤罪であのようなことになったらと思うとゾッとします…

ですから、私は満員電車に乗るときは、出来るだけ車両のドア付近などではなく、奥まで入りますし、可能な限り鞄を網棚にのせて両手を胸から下にさげないようにします。

以前、満員電車で車両の奥に進んで行ったら、もの凄く神経質そうな顔をした女性がピリピリしたオーラ全開で周りを見回していたことがあったんです。

「おいおい、あの女性の近くに居ったら、何言われるか判らないな…」と恐怖を覚えました。

このような経験から、私は男性専用車両を強く望んでいますし、実際にあったら100%男性専用車両にのりますね。

女性専用車両だけしかないのは差別

ハッキリ言いますけど、女性専用車両しかないのは差別です。

映画のレディースデーをはじめ、女性優遇のサービスなどが沢山ありますが、そんなのはどうでもいいです。

せめて、罪のない男性が冤罪に巻き込まれるリスクがある朝夕のラッシュ時くらいは男性専用車両を作ってください!

男女完全別車両化は意外と簡単なのではないか

さて、問題は男女完全別車両化するにあたって、どのくらいの手間や労力がかかるかという問題です。

男女完全別車両化するにあたって、新しい車両を作る必要はなく、「女性専用」「男性専用」のシールなどを貼るだけでいいですので、そういう面での手間やコストはたいしたことはありません。

一番の問題は「男女の車両数比率」だと思います。

女性の社会進出が叫ばれ、実際に女性がバリバリ働く時代とはいえ、実際の通勤時の満員電車は男女比が5:5でありませんからね。

ただ、今のビジネスマンのほとんどがSuicaのような電子マネーを使っていますし、学生も含めて定期を購入していますので、乗客の男女比っておおよその把握は簡単に出来ると思うんですよね。(特に、朝の通勤通学は、同じ時間に同じ電車に乗る人だらけですから)

女性の痴漢被害者をなくすため、男性の冤罪がおこらないようにするため、また、そんなことを気にしなくても済むように、鉄道会社は通勤時間帯の男女完全別車両化に本気で取り組んでもらいたいものです。

最後に

犯罪などを無くす方法は2種類あります。

私服警官が痴漢を取り押さえるのは事後対応、完全男女別車両にして「痴漢が起きる環境をつくならい」という事前対応的。

あなたなら、どちらがいいと思いますか?

 

昔、キセルって問題だったじゃないですか。でも、今はあまり騒がれていませんよね。

理由は、切符を買うのにいちいち財布から小銭を出すより、Suicaを使った方が圧倒的に利便性があがることを知った消費者がSuicaに移行したからです。

絶対になくなることがなかったキセルが、Suicaという素晴らしいサービスを導入することで無くなったわけです。

是非、鉄道会社には、痴漢に対しても素晴らしい対応を望みたいところです。