「自分のやり方でやらせてくれ!」
仕事のこんなジレンマでストレスを抱えているビジネスマンは多いものです。

特に、営業職は現場に出たら自分一人なので、会社内では上司の指導や命令を素直に聞いているふりをして、現場では自己流を貫いている営業マンも少なくないでしょう。

ただ、そういう営業マンに聞きたいことがあります…

「結果はどうよ?」

実は、私も若い頃に自己流を貫いていたことや、自己流で言うことを聞かない部下を持ったことがあるので、そのときの話を例にあげて「自己流」についてお話ししますね!

スポンサーリンク

自己流に拘った理由

業績のイメージ

私は、初めて働いた会社がフルコミの営業会社でした。
20年以上前の時代ですから、今で言うブラック企業なんてもんじゃない劣悪な環境だったんです(笑

A4一枚のマニュアルを渡されて、初日から飛込み営業させられるなんて序の口で、新人潰しに会ったり、自分の売り方を隠して他人に教えないような時代ですからね。(こういう話に興味がある方は、当ブログの訪問販売物語というシリーズものに書いてありますので読んでみてください)

あと、若い頃の私の性格には少々難がありまして…
他人の言うことなんて、全く聞く気がなかったんです(笑

特に、売れもしない先輩営業マンが「こうやってやればいいんだよ!」と教えにくると「黙ってろ!」と声には出さないものの、心の中で「全然結果出てないのに、何で恥ずかしくもなく他人に教えられるんだ?」って、思いっきりウザいと感じていましたからね。

幸いなことに、そんな私でしたが結果を出して営業所トップの営業マンくらいの数字を出すことは出来ましたが、飛躍的に営業力が付いたのは「他人のアドバイスを素直に受け入る」「他人の優れているところを真似る」ようになってからのことです。

ですから、成長したいのであれば、自己流に拘り過ぎない方が自分のためになると思いますよ!

自己流の部下と一触即発

次は、私が営業マネージャーのときの話です。
もともと知っている優秀な営業マンのヘッドハンティングに成功したのはよかったのですが、この人が全く私の言うことを聞かなかったんです(笑

特に、テレアポ営業なのに電話を全然しないんです。
長い日で1時間。短い日は5件くらいコールして終わりなんですから驚きです。

「周りの営業マンの士気にも関わるな…」
(アポが取れなくて一日中コールしている営業マンもいるので)

そう思った私は、オフィス近くのスタバにその人を呼び出し、単刀直入に「もう少しテレアポをして欲しい!」と言ったのですが、答えはNo!

2時間くらいは話したでしょうか。
でも、全く受け入れるつもりが無さそうなので、私の方が根負けしてしまいました。

さて、それでどうなったかですよ。
実は、この人は自己流で頭角を表し、単月で私の売上を上回るような数字を叩きだしたんです!

このときばかりは「やるな~!」って、心から思いましたね。

しかも、たまたまではなく、その後も安定的に数字を上げ続けて、絶対に目標数字を下回らないのですから凄いとしか言いようがありません。

自己流で好き勝手にやりたいなら、その一方でこの人のように結果を出しましょうね。

まとめ

「自己流に拘るなら結果を出せ!」というテーマで事例をあげてお話ししました。

最後に今の若い人が受け入れやすい言い方でアドバイスします。

自分のやり方に拘るより、経験豊富な先輩社員のアドバイスを参考にしたり、結果の出ているやり方を真似た方が、短期間で結果が出て合理的ですよ!

それでも、自己流に拘って遠回りをしたいであれば、ご自由にどうぞ!