フルコミの外交員と聞くと「完全歩合なんてリスクが高すぎる…」のようなリスクを考える人ばかりですが、個人的には「超気楽な商売じゃん、最高!」って思います。

もうね、外交員で食えるようになったら、サラリーマンには戻りたくなくなりますよ。

今日は、外交員のどこがそんなに気楽なのかについてお送りします!

スポンサーリンク

外交員が気楽な理由

気楽なイメージ

では、さっそく外交員が気楽な理由についてあげてみます。

自分の数字に見合った報酬なので気楽

以前、外交員のメリットとして「やればやっただけ稼げる!」という収入が青天井のメリットについて書いたことがありますが、逆に数字が上がらないときもメリットがあります。

それは、業績が悪ければ、自分の報酬も下がるという点。

「え!?何がメリットなの?」と思った方!
ちょっと、以下を読んで考えてください。

例えば、あなたが年功序列・固定給の会社で年収1500万円の給与を得ていたとします。そして、ここのところ仕事が絶不調で、長いこと結果を出せていません。

しかし、年功序列で固定給の会社の場合、いきなり降格になったり給与が下がることはありませんので「自分の働きに見合わない給与を得る」とういう状態が生まれてしまいます。

周囲からは「結果も出してないのに、金だけはもらいやがって」「なんで無能な上司が高い給与もらってんだよ」と白い目で見られてしまいます。

これ、辛くないですか(笑

その点、外交員であれば、売上がゼロなら報酬もゼロ。

周りの人間から「大丈夫かよ…」と心配されることはあっても、見合わない報酬を得ることによって呆れられることはありません。(売れなさ過ぎて呆れられることはあるかもしれませんが…)

いつでも逆転可能だから気楽

私の知り合いで、誰もが知っている大企業に努めている人がいるのですが、最近出世街道から外されて、本社勤務から工場勤務になって落ち込んでいました。

こうなってしまうと、その状況から逆転して出世街道に戻るのは不可能に近いですよね。

一方、外交員の場合、全く売れないド低迷時期がどんなに長い間続いていても、何かのきっかけやコツを掴んで売れるようになれば、あっという間にトップセールスまで駆け上がることができます。

これは、個人的見解ですが、日本社会は失敗や挫折者に冷たいんですよね。一度、レールを外れた人間には、エリート街道に戻るチャンスは与えられません。

その点、外交員は自分次第で一発逆転が十分に可能なんです。

実力主義なので気楽

実力主義を嫌がる人は多いですが、ハッキリ言って気楽ですよ。

だって、数字さえ出していれば、わけのわからない上司からゴチャゴチャ言われたり、理不尽な命令に従わなければならないことがないんですから。

「他人からとやかく言われたくない」と思っている若者は、外交員になればいいんですよ。売れれば、年齢や性別なんて問われなくなりますから。(但し、売れないときは自己責任ですけどね)

私は、口ばっかりで仕事が出来ない人間が大嫌いなので、「実力主義最高!」って心の底から思っています(笑

まとめ

フルコミの外交員が気楽な理由についてあげてみました。

私の知り合いには、「30代前半で都内に購入した戸建てのローンを完済した」「金融資産が億超え」など、外交員で成功して稼いでいる人が沢山います。

悪いところやリスクばかりに目を向けず、是非1度、いいところも考えてみてはいかがでしょうか。