社内外のいろいろな人と連絡をとる機会が多い営業マンのみなさん!
iPhone(iOS)のアップデートには気を付けた方がいいですよ。

実は昨日、iPhoneを使い始めてから初めてリンゴループを経験しました。

結果的には、無事にアップデートが済んで普通に使えるようになりましたが、一時は「iPhoneぶっ壊れたんじゃね?」と心臓が止まりそうになりましたし、リングループを脱出するまでに4時間かかってしまったので寝不足でフラフラです。

リンゴループは本当にヤバいですし、知らない方も多いと思いますので、このときのことや調べたことなどをシェアします!

※ ということで、この記事には営業のコツやノウハウ的なことは一切書いてありません。

スポンサーリンク

iPhoneアップデート時の状況

何かの参考になるかもしれませんので、私がiPhoneをアップデートしたときの状況を伝えておきますね。

  • iOS10.3.1へのアップデート
  • 端末はiPhone7 Plus
  • mineoのDプラン
  • iTuneと繋いだ状態でアップデート
  • 事前にパソコンでバックアップを作成
  • バッテリー表示に異常あり(どんなに充電しても65%のまま

アップデートの通知には気が付いていましたが、私は3大キャリアではなくmineoのSIMを使っているので、公式サイトで状況を確認して大丈夫そうだったらアップデートすることにしているんですね。

ただ、ここのところ忙しかったので放置していたのですが、昨日、iPhoneのバッテリー表示が65%から増えないというバグが起こり、ツイッター検索したら「アップデートしたら治った!」というツイートがあったので、「そろそろアップデートするか!」と思ってしたのですが…

リンゴループでiPhoneが文鎮化したわけです(汗

リンゴループとは

リンゴ

リンゴループを経験したことがない方も多いと思いますので、簡単に説明すると「iPhoneの電源をつけた際に画面中央にリンゴマーク(Appleのロゴ)が表示された状態になると思いますが、その状態がずっと続いて何も出来なくなること」です。

実は、私自身も昨日までリンゴループを知らなかったので「iphone リンゴマークのまま」とググっって知りました(笑

リンゴループになったときの対処法

さて、私の場合はアップデートがきっかけでリンゴループになってしまいましたが、何が原因でリンゴループになるかわかりません。

ですから、アップデート時はもちろん、こまめにiPhoneのバックアップを取っておきましょう!
(PCと接続してiTuneでバックアップを取ることをおすすめします)

以下に、リンゴループになってしまったときの対処法が書いていあるサイトのリンクを貼っておきますが、バックアップしておかないと、最悪の場合は写真なども含め、これまでの大切なデータが全部消えてしまうかもしれませんので注意してくださいね!

【参考】【リンゴループ直し方】フリーズしたiPhoneリンゴループ復元する方法ご紹介!

リンゴループから脱出した方法とその後

さて、実際に私がどうやってリンゴループから抜け出すことが出来たかを書いておきますが、結論から言えば、上記サイトに書いてある方法では直りませんでした。

とにかく、電源を切ることすらできないので「電池が無くなるまで駄目かな… 明日はスマホ無しか?」と思って放心状態になっていたら、突然リンゴループが終わりパスコートを打ち込む画面になったんです。

ただ、抜け出した後も、バッテリー表示はバグったまま、Wi-Fi設定画面で固まる、設定アイコンをクリックしても反応しないetc 「これはアカン…」という状態でした。

結局、何が原因はハッキリしませんが、ひとつだけ言えることは「バックアップが超重要」ということです。

iTuneで復元をしなければ、今も不具合ありありの状態のiPhoneのままだったかもしれません。

本当に危なかった~。

まとめ

スマホが使えないと仕事になりません。
ですから、リンゴループの恐怖をお伝えさせて頂きました。

そうそう、元キャリアショップで働いていた友人に今回のことを話したら「よくあるよ!それにiPhoneって個体差もあるからね!!」と言われました。

個体差ってペットじゃあるまいし…