20代の頃は夜遊びが激しかったんです。

同世代の給与水準の軽く数倍は稼いでいたので、「よし!今日もパーッと行こうぜ!!」と毎晩のように夜の街に繰り出していました。

オールでカラオケやビリヤードなど、仲間の営業マン達と連日のように盛り上がりましたが、その遊びのひとつにキャバクラがあったんです。

自分一人で行くことはなかったのですが、売れない仲間、部下などを連れて行って全額奢っていたので、今振り返ると随分と散財したものです。(そのお金を貯めていたら、都内に家が建つ金額を超えていると思います…)

馬鹿ですよね(笑
そういう経験が教訓になって、30代前半で夜遊びは卒業しましたが…

あ、すみません。
別に夜遊びについて語るつもりではないので、本題に移りますね。

ですから、数えきれない程のキャバ嬢といろんな話をしたのですが、とある繁華街でナンバー1のキャバ嬢に「No1になるのって大変でしょ!?」と質問したところ、予想を大幅に上回る回答が返ってきたことがありした。

「やっぱり、何の仕事でも覚悟が大切だよな~」

そんなことを思い出したので、今日はその話をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

トップに立つ人間は覚悟が違う

繁華街

私は好奇心が旺盛なタイプの人間ですので、仲良くなったキャバ嬢に以下のように質問をしたことがあるんです。

「この仕事でNo1を取るので大変でしょ!?」

すると、予想通りですが、毎日のように営業電話やメールをしたり、同伴やアフターなどをしなければならないというような話が出てきました。

でも、そんなことは聞かなくても予想が付きます。

ですので、更に踏み込んで質問したんですね。

「酔っぱらっている男性相手って大変じゃない? 俺が前に聞いた話だと『半分記入捺印してある婚姻届けをお店に持ってきたお客さんがいて、めちゃくちゃ対応に困った』って言ってた子がいたけど、やっぱいろいろあるんじゃないの?」

数秒間の沈黙のあと、キャバ嬢は話し始めました。

「ありますあります!でも、お客さんのほとんどは酔っぱらっていて、何も覚えていないから『考えときますね~』とか何とか言って、適当にかわしちゃいますね~(笑い」

「ふ~ん… やっぱりそういうことあるんだな。これ、もっと掘ればいろいろ出てきそうだ」

そう思った私は、次のように続けました。
(この後のやり取りは会話形式でお送りします)


私:「でも、もしお客さんがそのこと覚えていて『この間の返事は?』なんて詰め寄られたら、俺ならゾッとしちゃうな~」

キャバ嬢:「そんなことでビビってたら、この仕事は務まらないですよ。だって、お客さんがこっそり後をつけてくることもあるし(笑」

私:「うわ~、やっぱそういうことあるじゃん。怖いわ~…」

キャバ嬢:「あ、もちろん、基本的には送迎をお願いしてますから大丈夫です。でも、付いてきちゃう人もいるんです。なんか気配で分かるんですよね!」

私:「え、そういうときどうするの?」

すると、驚くべき答えが返ってきました。

キャバ嬢:「大抵、『このお客さんだろうな』って見当がつくから、『こそこそ付いて来てないで出てきてください、ご飯でも行ってお話ししましょう!』って電話かメールします」

私:「嘘でしょ!? わざわざ自分から声かけるの?」

キャバ嬢:「はい、だってつけられ続ける方が気持ち悪いじゃないですか。」

私:「それはそうかもしれないけど、それでどうなるの?」

キャバ嬢:「ご飯に行って諭します。『今後は、堂々と連絡して誘ようにして』って」

私:「それで連絡来たらどうすんの?」

キャバ嬢:「え、全然行きますよ(笑」


これには恐れ入りました。
「腹が座ってるわ!」って。

ここまで覚悟が決まっていれば、厳しい水商売の世界でもNo1を取れるわけです。

「こういうタイプの人は、何やっても成功するんだろうな~」って本当に感心したことを今でもハッキリと覚えています。

※ ただ、何かあったら大変ですから、真似しない方がいいとは思いましたけどね。

まとめ

ちなみに、そのキャバ嬢は難関私立大学を卒業ている高学歴の持ち主で、将来の自分の夢の実現のために短期間で資金を貯めるために水商売に足を踏み入れたそうです。

そこら辺のビジネスマンよりも、ずっとたくましいですよね。

仕事でも何でもそうですが「駄目だ」「出来ない」って簡単に弱音を吐く人って「覚悟」が足りないんですよ。覚悟を決めたときの人間って全然違いますから、ほとんどのことは何とか出来ます。

では、あなたには覚悟はありますか?