例のごとく情報集種をしていたら、こんな記事をみつけた。

【参考】コメント:平均年収1400万円、「開成・灘」卒業生とは何者か

これを読んで感じることは、その人によって違いはあると思うが、ほとんどの方は「年収1400万円!?凄いな~」と思うのではないだろうか。

ただ、私には全くもってそうは思えない。

この記事を読んで、これまで以上に「稼ぐなら営業マン(外交員)が一番だな!」と確信したくらいだ。

その理由について、お送りしよう。

スポンサーリンク

最高学府「東大卒」で年収1500万円しか稼げない

稼ぐ

開成や灘の生徒、また、東大生を馬鹿にするつもりは全くない。

遊びたい時期に何時間も机に向かって勉強し続けてきた彼らの努力は並大抵のものではないと本気で思う。(少なくても、私には絶対に出来ない)

そういう意味ではリスペクトしているが、平均年収1500万円と聞くと「それしか稼げないんだ…」と率直に感じる。

理由としては2つある。

記事内にも書いてあるが、開成や灘の生徒は東大理Ⅲをはじめとした医学部に進学し医者になる確率が非常に高い。医者と言えば高収入の代名詞のような仕事だが、その医者になった人も含めた平均年収が1500万円しかないことが、ひとつ目。

そして、2つ目は「年収1500万円程度ではたいして裕福ではない」という点だ。

例えば、年収1500万円稼ぐと、どのくらいの税金を支払わなければならないかご存知だろうか。何とその額は3628900円だ。(所得税:2436000円、住民税:1192500円の合計)

また、稼ぐ人はそれなりの方との付き合いになるので、交際費などの出費も増えるし、マイホームは都内のタワマン、子供は私立に通わせるなどすれば、1500万程度の年収では足りない可能性すらある。

このようなことを考えると、営業マンになって売る方が断然効率がいいと思えてしょうがない。

営業マン(外交員)が稼ぐのに一番いい理由

さて、ここからは「稼ぐなら営業マンが一番だ!」という理由についてお送りするが、その前に誤解がないように断っておきたいことがある。

ここで言う営業マンとは「外交員(フルコミッション)」のことで、固定給の営業マンのことではない。

業績次第で収入は青天井

フルコミッションを一言で表現すれば「売れなければ1円も貰えないが、売れば売っただけ稼げる報酬体系」だ。

年功序列は終わったと言われているが、ほとんどの会社で若手社員の給与が抑えられている現状がある。先ほどの東大卒の平均年収が1500万円というのも、長年勤め続けることが出来ればの話であって、何らかの理由で退社するようなことがあれば、平均年収には遠く及ばない収入しか得ることができない。

その点、フルコミの外交員であれば、初年度は難しいかもしれないが、コツを掴めば2年目・3年目くらいで年収1500万円を稼ぎだすことは十分に可能なのだ。

また、収入に上限がないので、やり方次第では年収2000万円、3000万円も狙えるは大きな魅力といえるだろう。

経営感覚が身に付く

さて、ここまではダイレクトにお金が稼げるという話だったが、その他にも経営感覚が身に付くというメリットがある。

それについておさえておこう。

支出にシビアになる

フルコミッションの営業マンは、収入=年収と単純には考えない。理由は簡単で「行動費」をはじめとした出費が自己負担だからだ。

それだけに、支出にはシビアになる。
死に金を垂れ流し続ければ、いくら稼いでもお金は残らないことを肌で感じるからだ。

私も経費に関しては非常にシビアで、Wi-Fiを光からADSLにしたり、スマホをキャリアから格安SIMに変更して通信費を安くするなど、1円でも無駄なお金が出ていかないように常に気を付けている。

税金の知識がつく

外交員は確定申告が必要なため、会社が経理関係は全てやってくれる固定給の人と違って「売上」「経費」「税金」などの知識が自然と身に付く。(中には税理士に丸投げという人もいるが…)

そして、その中の「税金に関する知識」は、あればあるほど良い。

脱税や過度な節税をするべきではないが、全く税金の知識がなく節税をしない人と適切な節税をする人とでは、5年、10年と時間が立てばたつほど手元に残るお金の額が驚くほど違ってくるからだ。

本業に投資する感覚が身に付く

固定給のサラリーマンが投資するとなると、本業以外の株や為替、不動産などが多いが、フルコミの外交員は本業に対して投資して売り上げを伸ばすことが出来る。

先ほど「死に金」という言葉を使ったが、本業に対する投資は「生き金」そのものだ。

自己投資、集客のためのさまざまな仕組み作り、人脈構築のための交際費など、何にどれだけ投資するかを自分の判断で決めるのは、ビジネス感覚を磨く上で非常に有効になる。

まとめ

稼ぐなら営業マン(外交員)だ!とつくづく思った理由という内容をお送りしたが、いかがだったろうか。

大きな組織に所属すれば、そこにいる間は安定を得られるかもしれないが、何かのきっかけでレールを外れてしまったら状況は一変する。

その点、外交員でバリバリ売る力がある営業マンは、組織から離れて商品やサービスが変わっても問題がないだけでなく、経営者感覚を身に付けることで更なるステップアップも狙うことができるのだ!