ブレスとは、日本語で「息」という意味。

このブレスがテレアポで切られないコツだのひとつなので解説します。

スポンサーリンク

テレアポにおけるブレスの効果

マニュアル

みなさんも経験があると思いますが、「あっ、テレアポだ!」と分かったとしても、いきなり無言でガチャギリする事は少ないと思います。

「けっこうです!」くらいは言いますよね。

そして、その断りの言葉ですが、相手が話している最中に「けっこうです」とはなかなか言いづらいものです。

この断るスキを無くしたり、タイミングを外すのが、「ブレス」を使う方法です。

例えば、「お忙しいところすみません○○株式会社の佐藤と申します本日は電気代が50%削減できるLED照明の件でお電話いたしておりますこのLED照明は他社と比べて価格が安いだけではなくスペックも向上しておりまして…」

このように、何の息継ぎもなくテレアポトークを話し続けることは不可能ですので、必ず息継ぎが入りますよね。

そして、そのほとんどが句読点のところだったりするわけです。(下記トークののところ)

お忙しいところすみません、○○株式会社の佐藤と申します。本日は電気代が50%削減できるLED照明の件でお電話いたしております。このLED照明は他社と比べて価格が安いだけではなく、スペックも向上しておりまして・・・」

そして、このブレスの部分がテレアポを受けている側が断りを入れる絶好のタイミングだったりするわけです。

ブレスの具体的な使い方

では、ブレスで断りを入れ辛くするとは、どういうことなのでしょうか?

ちょっと、以下の文章を見てください。

「お忙しいところすみません○○株式会社の佐藤と申します本日は、電気代が50%削減できるLED照明の件でお電話いたしておりまして~このLED照明は他社と比べて価格が安いだけではなく、スペックも向上しておりまして・・・」

なんとなくわかりますか?
普通であれば、息継ぎをする句読点の場所で息継ぎをせず意図的にずらしています。

「こんなことで、断られなくなるの!?」と思うかもしれませんが、相手が断りずらくなるのは間違いまりません。

しかし、ブレスを使うのにはポイントがあります。ただでさえ、普通と違うところにブレスを入れていますので、普通にやったら気持ちが悪いんです。

そりゃあ、そうですよね。
明らかに不自然なんですから。

その不自然なブレスを使っても、出来るだけ自然に話すようにするのが重要です。そうしないと、切られなくなったとしてもアポが取れる本数は増えないと思います。

ですから、私は自分のアポを録音して、不自然に感じるところはどうすれば不自然に感じないようになるか研究しました。

ヒントとしては、強弱やスピードに変化をつけたりするといいですよ。

最後に

前にも言いましたが、アポは確率のゲームです。

1%でも切られる可能性を減らすこと、1%でもアポになる確率をあげることを積み重ねることで、スーパーアポインターになる事が出来るのです。