今日からプレミアムフライデーが始まりましたね。
あなたの会社では導入されましたか?

私はプレミアムフライデーにも関わらず、ブログの更新をしています(笑

さて、何がプレミアムなのかサッパリですが、ビジネスマンとしては気になるところです。

3時前にオフィスのテレビをつけてワイドショーでプレミアムフライデーが取り上げられているのを観たのですが、これが何とも笑っちゃったんですよね!

そこで、今日はプレミアムフライデーについて取り上げてみます!

スポンサーリンク

導入企業は3.4%!?

金曜日

ツタヤを運営しているCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のアンケートによると、勤務先がプレミアムフライデーを導入したと回答した人は3.4%しかいなかったようです。

また、実際に今日からプレミアムフライデーを実際に開始する企業は、導入企業の0.1%という情報もありました。

しかも、導入した企業は以下のような大手企業ばかり。

  1. ソフトバンク
  2. ユニ・チャーム
  3. 清水建設
  4. 住友商事
  5. 日産自動車
  6. 大和ハウス
  7. 富士フイルムホールディングス
  8. USEN

※ 上記は導入企業の一部です

いやいやいや、全然盛り上がってないやん(汗

プレミアムフライデーに感じる違和感

「プレミアムフライデーはどうなってるんやろな~」と気になっていたので、3時ちょっと前にテレビをつけてミヤネ屋にチャンネルを合わせたら、予想通り「今日からプレミアムフライデーです!」って取り上げていました。

そして、導入企業の様子の様子をレポートしていたのですが、この中継を観ただけでも違和感をバリバリ感じたんですよ。

一番笑ったのは、「この後はどうなさるんですか?」と聞かれた女性社員が「同じ部署の仲間と飲みに行きます」って答えていたこと。

「会社の飲み会は仕事やろ!」って思わず突っ込んじゃいましたよ。

しかも、その女性社員はパソコン抱えてたんですよね。
「休みに自宅で仕事するんじゃないの!?」って思ったのは、私だけではないはず(笑

ちなみに、3時に仕事が終わっても会社の飲み会に参加するくらいなら、しっかり仕事を片付けて土日は完全に仕事を忘れてゆっくりの方がいいですね。

プレミアムフライデーで喚起される消費は超限定的

プレミアムフライデーのそもそもの目的は「消費の喚起」ですが、みなさんはプレミアムフライデーで消費が喚起されると思いますか?

毎週金曜日が早上がりなら話は分かりますが、月末の金曜日だけ2時間早く仕事が終わったくらいで1000兆円以上の借金を抱えている日本経済にいい影響があるとは思えません。

実際、「プレミアムフライデーに何をしますか?」という質問に対する答えで多いのは「家でゆっくり」「家族団らん」のような回答が多く、「旅行」「レジャー」のような景気のいい声はあまりありません。

平均年収400万円時代に「余暇の時間をやるから金使え!」って言われたところで、超堅実志向の日本人が使うわけがありません。

最後に

思うんですけど、仕事ってそんなに嫌ですかね。

私は「仕事が好きではない」「休みは多い方がいい」と考える人って、「仕事はお金を稼ぐ手段でしかない人なんだろうな…」って感じます。

日本人の大学生の大多数が「やりたいこと」ではなく、「安定」をもとめて就活で何十社も回っているような現実がありますから、やりがいを感じている人ばかりではないのは明白ではあるんですけどね。

この国はいったいどこに向かっているのでしょうか…