今年(2017年度)も確定申告の時期がやってきました。

当ブログの読者は営業マンや外交員の方が多いですが、みなさん確定申告の準備は順調でしょうか?

初めて確定申告をする方もいれば、年収もアップし「そろそろ税理士さんにお願しようかな…」という方など人によって状況は違うと思います。

そこで、2017年度の確定申告について注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年確定申告の概要

e-taxによる確定申告

まずは、今年の確定申告の概要についてまとめてみます。

申告期間

2017年2月16日(木)〜3月15日(水)の8:30~17:00(月~金)

提出方法

  • 税務署に直接書類を提出する
  • 税務署に郵送で書類を郵送する
  • e-Tax(イータックス)で電子申告する

初めての確定申告の場合、「税務署で相談しながら申告書類を作成しよう」と考える方も多いですが、ハッキリ言って確定申告時期の税務署は絶望的に混んでいます。

昨年の税務署の混み具合を書いた写真付きの記事がありますので、どのくらい混んでいるか知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ。

【参考】確定申告時期の税務署の混み具合が半端ない!クラウド会計やe-Taxを使った方が100倍速い件

確定申告が必要なケース

これに関しては毎年変わるわけではありません。

ただ、株やFXなどの投資、副業をしている方も増えていますので、確定申告が必要なケースについて触れておきます。

確定申告が必要なケースに関しては、国税庁のHPにまとまっていますので確認してみてください。

【参考】【確定申告・還付申告】|確定申告期に多いお問合せ事項Q&A|国税庁

気を付けなければならない方は、年収2000万円超の方、給与以外に歩合給やインセンティブを貰っている方、2ヶ所以上から収入がある方、投資や副業などをはじめとした副収入がある方、保険が満期になってお金を受け取った場合などです。

「確定申告が必要?不必要?」と悩んだら、すぐに税務署に電話して質問するのが一番確実でおすすめです。

2017年度確定申告の注意点(変更点)

今年の確定申告から申告書にマイナンバーの記載と本人確認書類の提示又は写しの添付が必要なだけでなく、配偶者のマイナンバーや扶養家族のマイナンバーも必要ですので忘れないようにしてください。

白色申告と青色申告

白色申告は申告が簡単ですが控除額が10万円、青色申告は複式簿記で手間がかかりますが、控除額が65万円になるだけでなく、赤字の繰り越しや専従者控除、家賃光熱費の経費計上が認められるなどのメリットがあるなどの違いがあります。

これに関しては、自身の所得金額や次年度以降の予測などから「どちらが得か?」を慎重に考えて決めるしかありません。

私の場合は、青色申告にした時点で「自分では無理だな…」と思って顧問税理士さんをつけました。

確定申告で気を付けるべき税理士法違反

最後に確定申告で気を付ける点として「税理士法違反」についてお話しします。

弁護士が非弁行為(弁護士法72条)で守られているとの同様に、税理士も税理士法によって守られています。ですから、税理士資格がない人が以下のようなことをすると税理士違反で2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

  • 税務代理
  • 税務書類の作成
  • 税務相談

「私には無関係だ!」と簡単に決めつけてはいません。

例えば、職場に数字に強い人がいて「お願いして5千円で申告書作成しもらう」とか、「確定申告経験者に節税方法を教わったお礼に食事をごちそうする」などの行為は税理士法違反だからです。

「でも、自分で申告書作成とか難しそうで無理だ…」

こう思うのであれば、混んでいるのを覚悟で税務署に足を運ぶか、もしくは、今ユーザーが激増しているクラウド会計サービスを使って申告書を作成するなどの何らかの方法を取るといいでしょう。

最後に

確定申告を意図的にしないのは論外ですが、忘れてしまった、期限に間に合わなかったも許されることではありません。

最悪「無申告加算税」が課せられますので、絶対に期限を守って確定申告しましょう!


freeeで簡単確定申告
MFでクラウド確定申告!