あらゆることに対して「自分は平均以上のレベルだ」と判断してしまう人が多いということを知っていますか?

この心理は「平均以上効果」と呼ばれていて、自己評価が客観評価よりも高くなる傾向があるという心理のことです。

今日はこの「平均以上効果」について取り上げてみます!

スポンサーリンク

平均以上効果の事例

平均以上

平均以上効果という言葉を初めて聞いた方もいると思いますので、解りやすい事例をあげて解説しますね。

ここ数年、高齢者ドライバーによる悲惨な事故が増え続けていますよね。
「ブレーキとアクセルを踏み間違てしまった」みたいな原因の事故が本当に多発しています。

では、何故このような事故が多発してしまうのでしょうか。

その理由は平均以上効果によって「私は一般的な高齢者と比較して脳も体も元気な方だ!」と過信してしまっている高齢者の方が多いからです。

最近では、事故の多さから高齢者の自動車免許の返納が叫ばれていますが非常に難しいでしょうね。もちろん、地方の山間部など車がないと生活が出来ない地域の方がいるという理由もありますが、平均以上効果によって「まだまだ大丈夫!」と思いこんでいる方が多いのが大きな障壁になっているのは否めません。

ビジネスにおける平均以上効果

ビジネスで平均以上効果によって過大な自己評価をしてしまうのは男性に多いと知られています。

男性の場合「仕事が出来るか出来ないか」は人生における重要なファクターですので、「私は仕事が出来ない男です!」と素直に認めることはなかなか難しいというのが原因なのでしょう。

ちなみに、自分の評価と他人の評価の間には2割ものギャップがあると言われていますので、「俺は平均上の仕事をしている」と思っている人の多くは平均点以下の仕事しか出来ていないということになります。

あんまり悲観的に考えるのはよくありませんが、「自己評価はどうしても甘くなる」ということを常に頭に入れておく必要がありそうです。

数字が全ての営業に平均以上効果は働かない

さてさて、前置きが長くなりましたが、営業職が最高なのは「数字」という超客観的な指標があるので平均以上効果が働かないからです。

大抵の場合、上司はもともと優秀な営業成績をあげていた実力者ですので、「仕事も出来ない威張っているだけのおじさん」が偉そうに踏ん反り返っているという状況はあまり考えられません。

私のような性格の人間にとっては「最高!」って心から思える環境です。

但し、実力もなければ仕事も出来ないのに、いろいろと策を講じて自分の評価をあげようと考えるような小賢しい人間にとっては地獄でしょうね。

だから、多くの人が耐えられなくなって辞めていくのだと思います。

まとめ

営業職って「辛い」「大変」「ストレスがヤバそう…」というマイナスイメージが多いですが、「平均以上効果が働かない」などのいい面も沢山ある仕事です。

就活生の9割がやりたくない仕事に営業をあげていますが、営業のいい面にも目を向けて欲しいな~。

当ブログを読んでいる多くの営業マンのみなさん!
そう思いませんか?



スポンサーリンク
おすすめの記事