お客から見て自信がある営業マンというのは、何とも頼もしく信用してしまう傾向があります。

そんな自身のある営業マンに見せる方法は難しくはありません。

その方法は即答すること!
その重要性についてお送りします。

スポンサーリンク

即答に関するブリティッシュコロンビア大学の実験

ストップウォッチ

あなたは、何か質問された時に「即答」していますか?

実は、この「即答」こそが自信のある営業マンに見せる有効な方法です。

ブリティッシュコロンビア大学のジェニファー・キャンベル博士の行った実験をご紹介します。

性格テストの結果をみて、自信がある人のグループと自信がない人のグループ2つに分けます。そして、両グループに全く同じ25の質問をしてみました。

その結果、自身がない人のグループでは、どっちつかずのイエス・ノーがハッキリしない回答をするという結果が得られたと同時に、回答を出すまでの時間に差があることがわかりました。(具体的な結果は以下の通り)

自信があるグループ 回答までに3.8秒(平均)
自信のないグループ 回答までに4.5秒(平均)

たった0.7秒の差ですが、若干とはいえ体感として感じることが出来る時間差だと思います。

優秀な人間が即答する事例

わかりやすい例をあげます。

私が好きなテレビ番組に「カンブリア宮殿」というビジネス番組があります。

その番組は、勢いのある企業や話題になっている企業の社長をゲストとして呼んで、いろいろと話を聞くという内容なのですが、見ていていつも感じることがあります。

それは、ほとんどの社長が、村上龍の質問に対して即答するのです!

自信があればあるほど、自分の中に確立された答えを持っていて、それが正しいと思っているので迷うことなく回答出来るのでしょうね。

もし、「え~」とか「それはですね…」のように、何か聞かれる毎にワンテンポ遅れたり少し考えてしまったら、見ている人に与えるイメージは大きくかわってしまうでしょう。

まとめ

ですから、あなたも現場でどのような質問を受けても、即答出来るようにしてください。

最初のうちは難しいと思いますので、何を聞かれても即答できるように答えを用意しておく必要があります。しかし、全てを想定することは出来ませんので必ず想定外の質問も飛んできます。

そのときに活きてくるのが、日々のあなたの仕事に対する考え方や捉え方といった価値観です。

いやいや仕事をしているのがお話にならないのはもちろんですが、自分の仕事に対して真剣に向き合って考えたことがない人も質問に対して瞬時に答えを出すことは出来ません。

一度、考えてみる時間をとってみることをお勧めします!