営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は「アポ質向上に関しまして」という質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

今回の質問

以前ご質問を頂いた方から、以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

白井様 いつも勉強させて頂いております。
2ヶ月程前に元役者、でアポ力について御相談させて頂いた者です。

現状事務機器をメインの商材として、ネットワーク関連のソフトやセキュリティ、その他サポートを、テレアポから発信で営業をかけているスタンスで、先輩に同行してもらい、アプローチのみ自身で行い、先輩にお任せ、と言った流れです。

テレアポの内容として、料金引き下げ、メンテ、部品の保有期間が過ぎているから一度ご相談に、、、と、自分なりのトークラインが確立しつつあります。

前置きが長くなってしまいましたが、前回に引き続きアポに関する御教授をお願いします。

現場での受け入れが、当たり前ですが入社当初より、少しは取れるようにはなってきたのですが、如何せん受注が取れません!! 今まで取った現場は役者時代のパイプの派生での社長様、いわば元スポンサー様つながりでしか大きな受注がないのです。

なので、受注できた現場の空気感や感じを、自アポから学べていません。
気持ちばかり焦ってしまい、アポも早口になってしまい、取れなくなるという悪循環です、、、。

そこで ・メンタルタフネスのつけかた ・アポからの受注に至る現場の空気感? が知りたいです。
とにかく受注したいです。

また抽象的な質問になってしまい申し訳ありません。
よろしくお願いします。


質問に対する回答

メンタルが強いテレアポする営業マン

Iさん、お久しぶりです。
なかなか受注出来きずに焦っているみたいですね!

最初に言っておきますが、焦って契約が取れることはありません。
焦りは冷静さを失わせ、判断力を鈍らせるだけです。

焦って契約が取れるくらいであれば、既に取れているはずですよね。
ですから、焦るのはやめましょう。

それでは、質問の回答に入ります。

タフなメンタルの身に付け方

Iさんが勘違いしているのは、メンタルがタフだと売れると思っていることです。

私が見てきた限り、売れている営業マンほど臆病だったり繊細だったりしますからね。
みんな弱い自分と闘っているんですよ。

メンタルタフネスをつけたいということですので、敢えて厳しい言い方をします。

Iさんは元役者ということで「役者の道は諦めたか、仕事がもらえないので休業している状態」のどちらかだと思いますが、何故役者を諦めたんですか?芝居が好きならどんなに貧乏しても続けるという道もあったはずです。

「もう役者は駄目だ。ビジネスマンとして頑張ろう!」と思って会社の門を叩いたと思うのですが、ちょっと苦労したくらいで「メンタルタフネスが!」なんて言っているなんて…

どんだけ弱いんですか!?
覚悟が足りなさ過ぎ。

「絶対に営業で成功するんだ!」「自分には営業しかない!!」と本気で思っていれば、自然と闘う気力が湧いてくるものです。

あと、もうひとつ言いたいことがあります。

「今まで取った現場は役者時代のパイプの派生での社長様、いわば元スポンサー様つながりでしか大きな受注がないのです。」とありましたが、 Iさんはコネで契約を取っていますよね。

ということは、Iさんが営業を辞めるようなことがあったら、その契約してくださった方への裏切り行為になるんです。そういう風に考えたことはありますか?

もし、恩義を感じているのであれば、メンタルがどうのこうの言っている場合ではなく、「絶対にやらなければならない」って燃えていると思うのですが。

受注になるアポがどういうアポか知りたい

これに関しては、私に聞くよりも同じ会社の売れている先輩社員に頭を下げて、テレアポや商談を録音してもらって聞いてください。

アポを取ったときの様子やそのアポが契約になる商談を聞いて勉強するのが一番早いです。

でも、その一方で「知ってどうすんの?」という本音もあります。

私は、過去に数えきれない程の新人営業マンや売れない営業マンを同行させ、自分が実際に商談をしているところを見せたことがあります。

ただ、売れるところを見せても、売れる営業マンもいれば売れない営業マンもいました。

やらないよりはやった方が絶対にいいです。
でも、それを活かすも殺すもIさん次第だということを忘れないでください。

ちょっと、喝を入れた方が良さそうと思って厳しい内容になってしましたが、これも応援する気持ちの表れだと思って許してください。

どうでもいいと思ったらアドバイスしませんので。

最後に

アポ質向上に関する質問に対する回答をお送りしました。

ときには、上記のような厳しいアドバイスになることもあります。

それでも「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」と思うのであれば、遠慮なく以下のページからご質問ください!

無料メール相談はこちら