大企業が毎年新卒を大量雇用するのは、育成に時間とお金がかかったとしても「伸びしろが多く、育て方次第でどうにでもなる可能性が高い若者の方がいい」と考えるからです。

私はめちゃくちゃ人の入れ替わりが激しい訪販の世界で数えきれない営業マン達を見てきました。その結果、30才を超えたあたりから考え方に柔軟性が無くなることを知りました。

よく言うじゃないですか、30才を超えると新しい音楽を聞かなくなるって。

新しいことへのチャレンジに可能性を見出せなくなったり、他人の助言に素直に耳を貸せない傾向は、年齢が上がれば上がるほど顕著になってきます。

でも、敢えて言いますね。
「保守的になってどうするんですか?」

これからの世の中、保守的になっても逃げ切れませんよ。

スポンサーリンク

新規事業に手をあげられますか?

手をあげるビジネスマン

私が友人と1回目の起業をしたときの年齢は30代半ばでした。

それまでBtoCの営業経験しかない状態で、BtoB、しかも、企業の社長相手のコンサルティング営業に転身したんです。名刺交換などのビジネスマナーも知らなければ、PCにもほとんど触ったことが無い状態だったので無謀と言えば無謀でしたが、全然不安はありませんでした。

「あ~、そうですか。私はあなたのような変人とは違いますから!」と思ったあなた!

では、社内で新しいプロジェクトが立ち上がって、その新規事業の人員が募集されたとしたら手をあげられますか?

大企業の社内プロジェクトは、独立や企業ほどのリスクはありません。売上が無くても給与は保障されるでしょうし、その事業がコケても、どこかしらに戻してもらえるでしょう。

でも、手をあげられないのではないですか?

多くの人間は、何だかんだ言いながらも「今」が居心地がいいんです。

30代は仕事が面白くなってくる頃ですし、40代であれば、ある程度の役職についてマネージャーとして活躍しているかもしれません。

それを捨ててまで成功の可能性が未知数の新規事業に手をあげられないというのが本音ではないですか?

保守的な人間は会社のお荷物になる

ちょっと厳しい言い方をしますが、保守的な人間は遅かれ早かれ会社にとって「お荷物」になる可能性が高いです。

能力とは関係なく、年功序列制度によって勤続年数が長い人間が役職に就いていれば、能力があって頭のいい若者は「バカらしい…」と思うのでモチベーションは上がりません。下手をすれば自分が活躍できる他の会社を探し始めるでしょう。

また、保守的人間は「自分を守るために他人を引きずり落とす」という思考を持っている特徴があります。

リスクを負ってまで新しいことにチャレンジするつもりはないので、自分の立場を脅かすような人間が頭角を表すと足を引っ張るわけです。

これが会社のためになるわけがありません。

企業が社員を守ってくれる時代は終わっている

保守的な考えのビジネスマンの方に気が付いてもらいたいのが、企業が社員を守ってくれる時代はとっくに終わっているということ。

一部の超優良企業を除いて、給与や福利厚生、待遇面がよくなったなんて話はありません。その一部の優良企業だって「ある日突然のリストラ」という爆弾がいつ爆発するかわかりませんしね。

残業禁止の方向性を喜んでいるビジネスマンも多いかもしれませんが、残業代をあてにしていたビジネスマンにとっては死活問題ですよね。また、就業時間内に求められた仕事量をこなす能力が無ければリストラ候補としてリストアップされるかもしれません。

副業解禁に賛同している企業が出てきたことを「社員が満足できる収入を保守するのは難しいので、稼ぎたいのであれば自分でどうぞ!」という会社からのメッセージだと考えたことはありませんか?

チャレンジしない人間はAIに置き換わる

今ある仕事のほとんどがAI(人工知能)に奪われてしまうという話は有名ですよね。

そのAIに最も早く仕事を奪われてしまうのは「決まったことしか出来ない」「言われたことしかやらない」というタイプのビジネスマンです。

既に存在するものに関しては、人工知能にやらせた方が正確で早く出来ますからね。わざわざ、間違えたり不平・不満を持つ人間にやらせる必要はありません。

しかし、新しいことに関しては別です。

AIは既に存在する将棋や囲碁では信じられない程の学習能力や実力を発揮できますが、この世に存在しない全く新しいゲームを作りだすとなると、現状では人間の方が上だと思いませんか?

まとめ

保守的な人間かチャレンジしないのは、実は自己矛盾しているんですよね。

長い地球上の歴史を見ても、現代まで生き残っているのは「変化に順応すべく進化した種」です。ビジネスの世界だって同じですよ。変化に対応できなければ仕事を失うのは当然の結果でしかありません。

ですから、現状維持をしたい人ほど頑張らなければならないということを肝に銘じておくべきです。


保守的になったらおしまい。
あなたの成長はストップしてしまいますよ。