年末年始の風邪がぶり返して、せっかくの3連休も寝て過ごすという失態を犯してしまいました。何だか、過去の風邪と違って耳鳴りや頭痛が酷いので、明日は時間作って病院に行くつもりです…

さて、そんな状態ですから、ガンガンに暖房を効かせた部屋でテレビを観ていたのですが、毎年恒例といいますか「成人式」をニュースが取り上げていました。

もちろん、大多数の成人を迎えた若者はまともなんでしょうけど、品の無いヤンキー丸出しの男子や花魁のような着こなしの女子を見ていたら、更に頭が痛くなりました(笑

今日は、そんな成人式への違和感と新成人に伝えたいことについてお送りします。

スポンサーリンク

成人式に感じる違和感

成人式

まずは違和感からあげてみます。

逮捕者が出るようなイベントをやる理由は無い

今年の荒れた成人式として茨城県のつくば市が取り上げられていましたよね。警察官の制止を振り切って壇上に上がろうとした若者たちをSPが羽交い絞めにしたり首投げしたとのこと。

こんなことになるのであれば成人式なんてやめればいいし、「成人の日」も祝日でなくしちゃえばいいんですよ。だって、乱闘騒ぎなんて大多数のまともな成人の方々にとっても、運営する側にとっても不幸ですからね。

毎年、成人式が荒れやすいところは決まっているのですから、そういう所だけでも即刻中止すべきです。

今の成人式はハロウィンと同じ

先ほども触れましたが「品の無いヤンキー丸出しの男子や花魁のような着こなしの女子」は極端だとしても、最近の成人式はコスプレ大会と化していますよね。

「社畜が!」「ワークライフバランスが!」と言っている割には成人式でスーツを着る男子、普段は日本の昔ながらの文化や風習なんてお構いなしなのに成人式で晴れ着を着たいだけの女子。

1度も聖書を読んだこともなければ教会に足を運んだこともないのに、ハロウィンのときだけ渋谷に集まってウェイウェイしているのとかわらないじゃないですか。

しかも、成人式の運営費は税金です。
何の意義も無いコスプレ大会化した成人式なら、税金の無駄つがいです。

若者に媚びる大人たち

アホらしくてどこの自治体の誰か忘れましたが今年もいました。
壇上で歌っちゃう市長さん…

いやいや、若者に媚びすぎでしょ。
歌わなければ注目を集められないのは、話がつまらないからだって思わないんですかね。
私がその会場にいたら、違和感しか感じませんけどね。

市長さんの話より、成功している経営者やアスリートなどの夢を持てるような話の方がずっといいと思うのはわたしだけでしょうか。

荒れた成人式を取り上げるマスコミ

本気で思うんですけど、毎年毎年荒れた成人式の様子が必ず取り上げられますよね。報道として無視する訳にいかないのか、視聴率を考えてのことかわかりませんが理解に苦しみます。

今の若者の間では、SNSとかでリア充っぷりを発信して自己顕示欲を満たすのが当たり前になっていますので、テレビが取り上げれば「目立ちたい」という若者をエスカレートさせることになっていると思うんですよね。

新成人に伝えたいこと

さて、成人式に対して厳しく意見しましたが、ここからは大多数のまともな成人の若者に伝えたいことを書きます。

インタビューで「給料を上げて欲しい」とか「年金が確実にもらえるようにしてもらいたい」のような発言を聞きましたが、将来どうなるかは自分達次第ですよ。

年収が下がり続けているのは「働きもしない、対して能力もない上司が高い給与をもらっているからだ」とか、年金の世代間格差に対して「老害」などと言いたくなる気持ちは理解できます。

また、アベノミクスで儲かっているのは一部の富裕層で、庶民の間に景気が良くなった実感はありません。好景気を経験したことがないのですから将来に不安や閉塞感を感じるのもしょうがないことだと思います。

でも、若いんですから安定を求めて守りに入るのはやめましょう。
どんなに安定を求めても人生100年の時代ですから逃げきれません。
他力本願では、絶対に将来はよくならないですよ。

大きな夢や希望を抱けるのは若者の特権です。
成人を迎えたら、将来の不安を考えるよりも夢や希望について考えましょう!