稼ぐ営業マンのメンタルを知ろう!

稼ぐ営業マンのメンタルというキーワードから当ブログへ流入してくる方が多いことに気が付きました。

営業の仕事はメンタルが非常に大切ですので、「稼いでいる人はどんなメンタル何だろう?」と思うのは当然のことです。

そこで、稼ぐ営業マンのさまざまなメンタルの種類をあげてみます。

ひとつでも自分に当てはまるものがあれば、あなたは稼ぐ営業マンの資質を持っている証拠ですし、もっと稼げるようになりたければ他のメンタリティーも取り入れてみてください!


スポンサードリンク




強い欲を持っている

漠然と「お金持ちになりたいな~」と思っている人は沢山いますが「どうしてもお金持ちにならなければならない」と本気で思っている人は少ないものです。

前者と後者は「お金持ちになりたい」と思っている点では同じですが、その欲求の強さに差がありますよね。不思議なことに、稼げる営業マンになれるのは後者のタイプばっかりです。

営業に限ったことではありませんが、本気で取りに行かなければ大きな成功は掴めません。

自分に自信がある

メンタル
稼ぐ営業マンは100%自分に自信を持っています。

もちろん稼ぐ営業マンにも新人時代があるわけですが、稼げる営業マンは最初から自信を持っているタイプが多いんですよね。

自信がありそうな人は、社内外問わず得をします。

アポを振るマネージャーの立場からしたら、自信がありそうな営業マンにアポを振るでしょうし、商談の際にお客さまは自信がありそうな営業マンから契約したくなるからです。

謙虚なのはいいですが、弱気はいけません。

稼ぐ営業マンのメンタリティーを身に付けたければ、最初はハッタリでもいいので自信を漲らせましょう。

商品やサービスを愛している

稼ぐ営業マンの多くは、自分が扱っている商品やサービスを愛しています。
その愛情と売上数字は比例するといっても過言ではありません。

例えば、自動車ディーラーの営業マンが、実は自動車嫌いだったらどうですか。そんな営業マンがどんなに一所懸命説明しても、商談でお客さまの心を打つことはできません。

正直言えば、天才タイプの営業マンは好きでもない商品だろうが、興味のないサービスだろうが売りまくりますが、天才営業マンになれる資質を持っている人なんてそうそういませんからね。

稼ぎがいまいちな方は、扱っている商品をもっと愛してみるところから始めてみてください。

何ごとにも一所懸命

私が見てきたトップセールマン達は、日々の営業活動(仕事)だけでなく、遊びも一所懸命でした。本当にいろいろなことを知っていますし、ご一緒するとめちゃくちゃ楽しいんですよね。

私も先輩のトップセールスマンから、いろいろなお店や楽しい遊びを教えてもらったものです。

逆に売れない営業マンや中途半端な稼ぎの営業マンは、遊びも中途半端な人が多いんですよね。「稼ぎが悪いから遊べないんだよ!」ってムッとした方もいるかもしれませんが、お金がかからない遊び方だって沢山あります。

私が思うに「どうせやるなら一所懸命やった方が楽しい!」というメンタリティーなんでしょう。

セールスの仕事を肯定的に捉えている

稼げる営業マンと稼げない営業マンのメンタルの一番の違いといえば「セールスという仕事に対する捉え方」でしょう。

稼げる営業マンは「営業最高!」と思っているのに対し、稼げない営業マンは「営業は大変」「セールスは本当は気がすすまない」「ノルマがあって辛い」と営業に対して何らかのマイナスイメージを持っています。

ですから、稼げるようになりたければ「営業の仕事って最高じゃん!一生営業マンでもOK!」くらい営業を愛してください。そう思えないのであれば、稼げない営業マンを続けることになりますので営業をやめた方がいいですよ。

まとめ

もっといろいろありますが、代表的なもの5つをあげてみました。
いずれも大切なメンタリティーなので、持っていないものがあったら身に付けてみてください。

小手先のテクニックを学ぶより、稼ぐ営業マンになれる近道ですから。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ