商談・交渉でビジネスマンにユーモアが必要な理由と効果

ビジネスマンに必要なスキルは沢山ありますが、もっとも大切なもののひとつにユーモアがあります。

商談や交渉を上手にまとめてくる優秀な営業マンは、例外なくユーモアセンスがありますからね!

そこで、ビジネスマンにユーモアが必要な理由とその効果についてお話しします。


スポンサードリンク




場の空気を和ませる

交渉
商談や交渉の多くは初対面だったり、プライベートでのお付き合いがあまりない相手ですよね。また、お互いに目論見がありますので、大抵の場合はピリッとした緊張状態からスタートすることが多くなります。

そんなときに場の空気を一変させることが出来るのがユーモアです。

アプローチだけじゃないですよ。
クロージングなどの商談や交渉の大詰めでもユーモアが有るのと無いのは大違い。

売れない営業マンや交渉を上手にまとめられないビジネスマンって「余裕がなさ過ぎ」なんですね。

もっと、どんと構えてユーモアのひとつもあれば、いい方向に行くものです。

サービス精神を感じさせる

カップルがドライブデートしています。
緊張しているせいもあって、運転中の男性はほとんど話をせず車内は沈黙…

デート後に女性はこう思いました。
「本当に最悪!サービス精神ゼロの男ね!」

過去に同じような経験のある男性は耳が痛いかもしれませんが、デートも商談・交渉も対人間であることには変わりがありません。

ユーモア=サービス精神なんですよ。

サービス精神旺盛な人は相手に好かれることになりますので、商談や交渉がまとまる可能性が上がるというわけです。

インテリジェンスを感じさせる

これは個人的見解でもありますが、ユーモアには知性を感じるんですよね。
率直に言えば、バカな人にはユーモアはありません。

ユーモアは相手によって使いわける必要がありますので常に同じことを言えばOKではありません。毎回がアドリブになりますので、丸暗記した営業トークを話すのとはレベルが違います。

また、その場の空気を読まなければなりませんし、出すタイミングも計らなければならないのでKYな人には出来ない芸当です。

そう考えると、商談や交渉という緊張状態の中で的確なユーモアを使える人は間違いなく「知性がある」ということになります。

まとめ

最後に有名なライト兄弟のスピーチをご紹介します。

スピーチが苦手なライト兄弟の兄オーヴィル・ライト氏が、世界で最初に動力飛行機を成功させた後にパーティーでスピーチした言葉がこれです。

鳥の中で一番おしゃべりのオウムは、飛ぶ事が下手です。
よく飛ぶ鳥はおしゃべりをしません。
私のスピーチもこれで終わります。


パーティー会場は拍手に包まれたそうです。

ユーモアって素敵ですよね!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ