ハロウィンイベントの盛況から今後のマーケットを考える

今年もハロウィンがやってきましたね!

例のごとく渋谷の街はとんでもない事になるのでしょうか。
(この記事を書いているのは2016年10月29日午後3時なので、今年の盛り上がり具合を観ていない状態)

昨年は地方から来た友人に「渋谷のハロウィンが観たい!」と頼まれて突っ込んでいった結果、1時間で1mも車が進まないという地獄に巻き込まれて大変だったので二度と行きたくないです、はい。

さて、そんなことを伝えたいのではなく、今日はハロウィンイベントの盛況から今後のマーケットを考えてみたいと思います。

※ 営業というよりビジネス全般の内容の記事です


スポンサードリンク




バレンタインよりハロウィン

ハロウィン
皆さんもご存知の通り、ハロウィンの経済効果がバレンタインを超えました。

私が学生の頃はハロウィンなんて誰も気にしていませんでしたので、短期間でこれ程まで盛り上がったイベンもありませんよね。

これも有名なデータですが、18才〜34才までの男女で交際相手がいない人が70%を超えているそうで。

つまり、バレンタインやホワイトデーのように交際相手がいないと成り立たないイベントよりも、友達や単独でも参加できるハロウィンの方が盛り上がるのは自然な流れというわけです。

私が若い頃はクリスマスまでに恋人作ろうみたいなノリがありましたが、今の若い人達は無理してまで恋人を作ろうとはしないんでしょう。

次はイースターがくると言われていますし、こういったイベント系ビジネスはまだまだ伸びますね。

おひとりさまを狙え

さて、コスプレしてハロウィンに参加して「ウェイウェイ」するようなリア充タイプが目立ちますが、そういうイベント系が苦手なおひとりさまが世の中には沢山います。

もちろん、おひとりさま向けのサービスが無いとは言いませんが、まだまだですよね。

私もそうですが「一人でフラッと出かけるのもいいよね!」って人は世の中には沢山います。

でも、一人では入り辛いお店ってまだまだ多いですよ。

例えば、私は甘いものが好きで美味しいパンケーキ屋さんを回ってみたいのですが、人気のお店は女子だらけでさすがに入り辛い。

しかも長時間並ぶとなれば罰ゲーム並の状況になってしまいます…
レディースデーじゃないですが、メンズデーとかあったら絶対に行くんだけどな~(笑

おひとりさま向けビジネスは、工夫次第で大きく伸びるでしょうね。

スポットライトビジネス

話はハロウィンに戻りますが、何でハロウィンがこんなに盛り上がるかを再度考えてみましょう。

大きなポイントとして「自己顕示欲や承認欲求を満たせる」がありますよね。

人生なかなか自分が注目される機会はありませんが、ちょっとコスプレして街に繰り出せば多くの人から注目を集められるハロウィンイベントは自己顕示欲や承認欲求を手軽に満たすのにちょうどいいんでしょうね。

※ 結婚式で女性が張り切るのも、自分が主役で祝福されるという人生で最大の自己顕示欲や承認欲求を満たしてくれるからです。

考えてみれば、ハロウィン期間の渋谷なんてどこのお店も激混みで地獄です。

それでも、コスプレしてウェイウェイしている写真をSNSにアップしたいが為に街に繰り出すわけですから、このエネルギーには凄いものがありますよね。

みんな自分がどれだけ好きなんだよ(笑

こんな状況ですから、ごくごく普通の人にスポットライトを浴びせるようなアイデアは大きなビジネスに成長する可能性を秘めているでしょうね。

まとめ

CDは売れないけどライブは盛況というのはご存知ですよね。

今後はAIなどによって周りがどんどん機械化されていきますが、機械化されればされるほど生身の人間にスポットを当てたビジネスにチャンスが生まれます。

ユーチューバーだってそうですよね。
動画の内容ももちろんですが、ユーチューバーが好きで観ている人がほとんどでしょうし。

ちなみに、私はウェイウェイするのは苦手です。
当然ですがハロウィンで仮装するようなこともありません(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ