トップ営業マンのモチベーションの上げ方

当ブログに訪問してくる方の検索キーワードの上位に「営業マン モチベーション」があります。
営業の仕事でモチベーションを保つのは難しいですからね…

ただ、売れない営業マンだけがモチベーションで頭を悩ませているわけではありません。
トップ営業マンも「マンネリによるモチベーション低下」と闘っています。

では、売れる営業マン達はどのようにしてモチベーションを保っているのでしょうか。

私は過去に多くのトップ営業マン達を見てきましたので、それをもとにお話ししたいと思います。


スポンサードリンク




買うならいいもの!安物には手を出さない

時計を例に考えてみましょう。

年収1000万円超を安定して稼ぐ営業マンの多くは、ロレックスやオメガ(スピードマスター)などの高級機械式時計をしています。

「50万も100万もする時計をするなんて馬鹿じゃない!?」って思う方もいるかもしれませんんが、モチベーションアップには実に効果的なんです。

ちょっと下世話な言い方ですが、所詮人は容姿や持ち物などの目に見えるもので相手を判断します。(これは相手のことをあまり知らない段階での話です)

よく言われていることですが、どの程度の腕時計や靴を身に付けているかは、実際に見られていますからね。
ですから「いい物を身に付けている」のは、それだけでステータスになります。

また、腕時計は常に身に付けていますし、時間を確認するために1日に何度も見ますからモチベーションアップに非常に効果的というわけです。

物よりも体験にお金を使う

ハワイ旅行のイメージ
トップ営業マンに限ったことではありませんが、稼いでいる人って海外旅行に行くじゃないですか。
特にお正月に芸能人が押し寄せるハワイなんて大定番ですよね。

「わざわざ海外に行かなくても、日本で十分じゃん!」
こう思う方もいるかもしれませんが、そういう方こそ1度ハワイに行ってみてください。

以前、当ブログに書いたことがありますが、大人になると基本的に毎日が同じことの繰り返しになるんですね。
この悪いルーチンが日常にマンネリ化させモチベーション低下を促します。

それじゃなくても、営業の仕事はアポ→デモ、アポ→デモの繰り返しですからね。
よほど意識して刺激を与えなければモチベーションを保つことは出来ません。

そういう意味で海外旅行は最高に刺激的なんですよ。
人種・価値観・文化・食・自然・建造物など、全てが日本での日常と違いますからね。

大人になると初めて体験することが減りますが、ハワイなら「野生のイルカと一緒に泳ぐ!」なんて誰もが感動するような経験が出来るわけです。(正確には日本でも出来ますが…)

そういう非日常のワクワクするような経験が、一見関係ないような仕事のモチベーションに繋がったりするんです。「一所懸命働いて、またハワイに来たい!」みたいに。

まとめ

私個人的には「いいものが欲しい」という物欲よりも「行ったことがない国を旅してみたい」という体験の方がモチベーションが上がるようになってきました。

そうは言いつつ、iPhone7Plusが届いたときはモチベーション急上昇でしたけどね(笑

仕事のモチベーションを保つには、意外とプライベートの充実が鍵を握っていることを覚えておきましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ