「〇〇さんって運がいいよな~」
トップ営業マンのことをこんな風に思っていませんか?

確かに営業の世界にはドラマチックというかミラクルというか「偶然のラッキー」と思えるような展開が起こることがありますが、そのほとんどは実は起こるべくして起こっている必然です。

考えてみてください。
偶然だけで毎月の目標を達成して売り続けることは出来ますか?

そうは言っても「私は運が悪い」と思っている営業マンは多いので、私の経験をもとに「偶然じゃなくて必然だよ」ってお話しをさせて頂きます。

スポンサーリンク

今日たまたま居たんですよ~

ラッキーのイメージ
飛込み営業やテレアポをしていると「いつもはこの時間居ないんだけど、今日はたまたま居たんですよ~」という方に当たることがあります。

そして、そういうお客さまって契約してくれる確率がめちゃくちゃ高いんですよ。

理由は「普段セールスを受けたことがない」「過去に同じ商品(サービス)の説明を聞いたことがない」ので、セールスに対する嫌悪感が無かったり、まっさらな状態で営業マンのデモ(商談)を受けてくれるからです。

※ ちなみに「過去に同じ商品(サービス)の説明を受けたたことがあるけど契約はしていない」という方も大チャンスなので覚えておきましょう。


さて、私も過去に数えきれない程「今日たまたま居たんですよ~」という方に契約してもらっています。

日勤・夜勤の繰り返しで在宅時間が決まっていない看護師さんや年間200日以上海外を飛び回っている旅行代理店の添乗員さんなど、思い出せば数えきれません。

そういうときに「ラッキー♪」って思わないと言えば嘘になりますし、また、素直に喜んだ方が運がいい人になれると思っているので喜びます。

ただ、その一方で「まぁ、当たり前だよね」とも思うんですよね。

何故なら、他のどの営業マンよりも訪問件数が多いから。

朝9時から夜の9時までランチやトイレ休憩などは取るもの、基本的には駆け足で回っていましたからね。
仲間の営業マンからは変人扱いされてましたよ(笑
(あの頃は若かったな~)

でも、この位やれば多かれ少なかれ「偶然のラッキー」に当たるものです。

紹介が多くていいっすね!

次は法人営業時代の話ですが、私はその月の目標数字を紹介だけで上げてしまったことがあります。

そういう状況を見た周りの営業マン達は「めちゃくちゃラッキーですね!」とか言うんですが、これも私にはピンときません。

だって、それだけ普段から種まきしてますからね。

例えば、私の中でパーフェクトな商談は「契約が取れた!」ではありません。
「契約+紹介発生」がパーフェクトだと思っています。

ですから、普通の営業マンは「やった!契約が取れた!」って大喜びしたりホッとしますが、私の場合は「さて、ここからもう一仕事だ!」って毎回思っています。

ただ、難しいことをやっている訳ではありません。
必ず「ご紹介頂けませんか?」って言うようにしているだけです。

あ!考えてみたら契約が取れなかった相手に対しても言ってる(笑

営業マンの多くが「紹介してください!」って言わない(言えない)んですけど、本当に不思議。

全員が全員ではありませんが、何人かにひとりはその場で知り合いに電話してくれたりするんですよ。

やらなきゃもったいないでしょ。

まとめ

偶然のようなラッキーは待っている人のところへはなかなかやって来ません。
やっぱり、こっちから取りに行かないと!

ポケモンGOのレアキャラにラッキーというポケモンがいますが、偶然出てくるのを待っているくらいならお台場とか出現頻度の多いところに行っちゃった方が早いわけですよ。

それを「もし、行っても捕まえられなかったらガソリン代がもったいなし…」とか言ってるから、いつまで経ってもラッキーに出会えないんです。

あ、すみません。
ポケモンGOをやっていない方には訳の分からない例えをしてしまいました(笑