もっとも簡単な上司とのコミュニケーションの取り方

若いビジネスパーソンの中には「年上の上司とどうやって絡んでいいか判らない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

確かに10才も20才も年齢が離れていれば、気を使うだけでなく共通の話題もありません。
若者に歩み寄ってくれる上司であればいいですが、残念ながらそうとも限らないですしね。

そんな悩める若いビジネスパーソンの方々に、もっとも簡単な歳の離れた上司とのコミュニケーションの取り方をお教えします。


スポンサードリンク




仕事に関する質問をしよう!

話題
「そんなこと言われなくたって分かっとるわ!」
こう思った方はこれ以上読まなくても構いません。

ブラウザを閉じて違うことに時間を使ってください。

しかし、私がこの当たり前のことを敢えて言うのには理由があります。

「だってさ、ビシバシ質問してくる部下ってほとんどいないんだよね、本当に!」
もうね、謎だよね、謎。

例えば、上司との同行営業が決まったとするじゃないですか。
確かに年上の上司には気を使いますけど、それを上回るメリットがあるって気が付きませんか?

私なら質問攻めしますね。
全開で(笑

普段なら忙しくて相手にしてもらえない上司を独占できるチャンスですからね。
移動中も食事中も「質問いいですか?」って聞きまくりますよ。


そして、この質問をすることが上司とのコミュニケーションを取るもっとも簡単な方法でもあるんですね。

これは、自分が上司になってみれば分かることですが、自分に質問してくる部下のことを可愛いって思うんです。

覚えておいて欲しいのですが、中年のおじさん達(上司)って「最近の若者はさ~」とか言うじゃないですか。じゃあ、若者とのコミュニケーションが嫌いかといえば、実はそんなことはないんです(笑

「おっさんが話しかけたらウザがられるかな…」とか本当はもっとコミュニケーションを取りたいけど気を使っていたりするんですよ。

ですから、年下の部下の方からコミュニケーションを図ってくれると、有りがたいし嬉しいわけです。


ただ、そうは言っても共通の話題を見つけるのが難しい場合も多いので、質問内容は仕事に関することにしておけば妥当です。

また「お!こいつはやる気あっていい感じだな!」って思ってもらるメリットもあります。

「自分で考えろ!」タイプの上司に質問するときのコツ

ただ、上司の中には「質問してくる前に、自分で考えろ!」ってタイプいますよね。
そういうタイプの上司に対して質問するときは以下のように言ってください。

「すみません、もし間違っていたら教えて頂きたいのですが…」
このように「教えを乞うスタンスで自分の意見を述べる」のがコツです。

こういう入り方で自分の意見を述べた上で質問すれば「まずは自分で考えろ!」と言われることはありません。

プライベートに踏み込んでもいいか

仕事だけの話しかしない関係とプライベートの話もする関係では、後者の方が深いコミュニケーションになるのは理解できると思います。

では、上司に対してプライベートに関する質問をしてもいいものなのでしょうか。

結論から言えば問題ありません。
ただ、気を付ける点がありますので、以下の話題には注意してください。

  • 宗教など思想的なこと
  • 好きなスポーツのチームなどの話題
  • 社内の人間に関すること
  • 政治の話
  • 学歴
  • 不倫・離婚ネタ

例えば、早稲田大学卒の部下がMARCHレベルの大学や高卒の上司に対して「部長って何大出身なんですか?」なんて質問したらどうですか?

上記に挙げたような話題は、下手をすると地雷を踏むことになりますので避けた方が無難です。

ちなみに、私は何を聞かれても全然OKでNGはありません。
実名出してブログ書いてるくらいですからね(笑

でも、世の中そういうオープンな人ばっかりではないので覚えておきましょう。

あと、プライベートな質問をするときはオンとオフに気をつけてください。

昼休みや業務終了後などであれば全く問題ないですが、業務時間中にプライベートな質問をすると「仕事中に何だ!?」って思われてしまう可能性がありますので。

まとめ

もっと、上司に自分からグイグイ踏み込んで行きましょう!
踏み込み方さえ間違えなければ、可愛がってもらえるようになりますのでお勧めします。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


2 Responses to “もっとも簡単な上司とのコミュニケーションの取り方”

  1. りえっくす より:

    こんにちわ。
    昨日はありがとうございました!
    何度も読み返してました。
    保存したので、何かあったらまた読み返します。

    新人のうちにコミュニケーションは取った方が良いですよね。
    質問も新人だから、許される内容もあるでしょうし。

    ただ、女性が多いので、気苦労はあります…。
    あと3ヶ月は先輩同行なので、たくさん勉強させてもらいます。
    それが終わったら、朝礼後はすぐに外回りに行ってたくさん訪問します笑

    お昼時に失礼しました。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      りえっくすさん!
      コメントありがとうございます。

      本当にその通りで、新人時代に聞かないでいつ聞くんだって感じです!

      その前向きな姿勢を忘れずに頑張ってください(^-^)

コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ