大谷翔平選手の二刀流から営業マンが学ぶべきこと

昨日のパ・リーグクライマックスシリーズで日ハムが日本シリーズ出場を決めたのはご存知ですよね。

そして、DHで出場していた大谷選手が最終回にクローザーとしてマウンドに立ち、165キロのストーレートなどの凄まじいピッチングをしたのは圧巻でした。

大活躍の4番の中田選手も「一所懸命練習しているがバカらしくなる」って冗談で言っていましたが、本当に漫画の世界のような異次元のレベルです。

だって、ピッチングだけじゃないですよ。
打者としても今シーズン22ホームランを打ってますまらね。

まだまだ大谷選手には伸びしろがありそうですので、この先どうなっちゃうんでしょうか。

さて、今日はそんな大谷選手から営業マンが学ぶべきことをお送りします!


スポンサードリンク




営業マンだって二兎を追うことは出来ます

両方のうち片方
野球の二刀流ではないですが、営業の世界にも両立が難しいと思われていることがありますが本当なのでしょうか。

一緒に考えてみましょう!

仕事とプライベート

営業会社は激務でバリバリ残業があって、数字が悪ければ休日出勤も当たり前というところが多く「プライベートを犠牲にしなければならない」という価値観が蔓延しています。

私もBtoCの訪販の営業マン時代には、年間365日中5日しか休みがないという環境で働いていました。幸い営業の仕事が好きなこと、趣味らしい趣味も無かったこと、そこそこ稼げていたので続けられましたが、振り返ってみると健全な状態ではなかったですね。

しかし、法人営業に転職したことで状況は一変します。個人と違って夜9時に訪問なんて非常識ですし、土日・祝日は先方が休みなので営業活動が出来ません。(やっているお店などに営業に行っても稼ぎ時なので嫌がられますし)

ですから、休まざるを得ない状況になりました。

最初こそ稼働日数が少ないことなどに不安を持っていましたが、その環境でやらざるを得なくなれば自然と工夫してその中で何とかできるようになるんですよね。

是非、「営業=プライベート無し」みたいな価値観をぶち壊してください!


あと、声を大にして言いたいのは「マネージャーやトップセールスは率先してサッサと帰れ!」ってこと

家に帰ってもやることがない中年マネージャーって会社にいつまでもいるじゃないですか。
あれは駄目ですね。

まぁ、私の場合は部下という立場であっても数字が出ていれば図々しく帰っちゃいますけど(笑

数と質

当ブログで度々お話ししていることですが、「数を増やせば質が落ち、質を上げれば数が減る」ということはありません。

特に、今は「質(効率)」を重視する営業マンが多いですが、数と両立させなければ営業マンとして一流にはなれませんので気をつけてください。

数は経験を積むことに繋がりますし、質は業務の効率化や創意工夫に繋がります。

どちらも追求しましょう!

個人の数字とマネジメント

プライングマネージャーの多くが「個人の数字とマネジメントの両立」に頭を悩ませていますよね。
「プレイングしながらマネージメントするなんて限界があるよ」と思う気持ちは解ります。

でも、これも両立は可能です。

極端な話ですが、部下が育つのに時間がかかるのであれば、マネージャー個人の数字で組織目標をやっちゃえばいいんですよ。

確かに簡単なことではありませんが、やり方次第でどうにでもなります。

これからの時代はプレイングも出来るマネージャーが今まで以上に求められますので、出来る出来ないではなく両立させなければならない要素だと思います。

まとめ

大谷選手の活躍を見ていて「不可能ってないんだな~」って思ったので今日の記事を書いてみました。

出来ると思えば全てに可能性が開け、出来ないと思えば全ての可能性が閉ざされてしまいます。

もし、失敗したっていいじゃないですか。
「あのとき頑張っておけばよかった…」という後悔よりはずっとマシですから。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


2 Responses to “大谷翔平選手の二刀流から営業マンが学ぶべきこと”

  1. 30歳プレマネ より:

    毎日拝見しております。
    参考になる記事ばかりで欠かさず読んでおります。
    最後の三行、とても響きました。
    頑張ろうと思えました‼ありがとうございます‼

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      30歳プレマネさん!
      コメントありがとうございます。
      また、欠かさず読んで頂いてるなんて感激です(^-^)

      30歳プレマネさんは、その名の通りプレイングマネージャーさんなんでしょうね(笑

      私もプレイングマネージャーをしたことがありますので大変さは痛いほど解ります。
      大変ですよね、本当に…

      でも、ちょっとは記事がモチベーションアップになったみたいで良かったです。

      何かあったら気軽にコメントや質問くださいね!

コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ