営業マンがテクニックで人を惹きつけるのには限界がある

ガジェット通信というサイトで営業に関する以下のような記事を読みました。

【参考】タクシーは玄関の20m手前で降りるもの?エースだけが知っている「人を惹きつける営業テクニック」 | ガジェット通信

書いてあることはその通りだと思いますし、ある程度売れている営業マンであれば実践していますよね。

ただ、個人的には「この人から是非買いたい!」とお客さまに思ってもらうためには、テクニックでは限界があると思います。


スポンサードリンク




テクニックで人を惹きつけられるか

キラキラ
人を惹きつけるテクニックが有るか無いかといえばあります。

その証拠に、一歩仕事を離れたらプライベートはめちゃくちゃというタイプの人がトップセールスマンなんてことは珍しいことではありませんからね。

あなたの会社にも思い当たる人がいるのではないでしょうか。

ですから、知らないよりは知っておいた方がいいと思いますが、上記ガジェット通信の記事内にある「20m手前でタクシーを降りる」とか「電話は不通音が聞こえてから切る」などはテクニックというよりは礼儀です。

この程度のことはテクニックとは言えません。
これで人を惹きつけられるとは思わない方がいいでしょう。

裏付けのないテクニックは薄っぺらい

そもそも人を惹きつけるのにテクニックを用いるということに対して、個人的には疑問を感じます。
ただ、それを言ったら話は終わり…

ですから、人を惹きつけるにあたってテクニックを使うことを前提に話を続けますが、結論から言えばテクニックには人間性という裏付けがなければ薄っぺらい無価値なものでしかないですね。

考えてみてください。

自分の営業成績のために心にもないお世辞を言う営業マンと、純粋に相手に興味を持ってコミュニケーションを図る営業マンって全然違うと思いませんか。

挨拶にしたって、形式的に頭を下げているだけのお辞儀と心から相手に敬意を表して頭を下げるのでは受ける印象が全く違います。

ですから、テクニックの前に20代なら20代、30代なら30代に相応しい人間になることを考えましょう。

人間性を本気で磨きたければ仕事だけではダメ

ビジネス上の自分とプライベートの自分という二面性は、程度の差こそあれ誰でも持っていますよね。

ですかから「ビジネス上の人格を磨けばいいのですか?」と思う方もいるかもしれませんが、個人的にはプライベートも含めた全人格を磨く必要があると思います。

別に聖人君子になれとまではいいません。
そんなパーフェクトヒューマンになる必要はありませんし、目指したとしたら息苦しくてしょうがないでしょうし。

ただ、やっぱり品行方正は大切ですよ。
そういう人は、自然と品の良さが備わってきますからね。

でも、「『一歩仕事を離れたらプライベートはめちゃくちゃというタイプの人がトップセールスマンなんてことは珍しいことではありません』って言ってたじゃないですか?」って思った方も多いと思います。

確かに言いました。
でも、そういうタイプのトップセールスマンで長いことトップに君臨し続けられないんですよね。

例えば、対お客さまには問題がなくても、社内の人間関係はトラブルだらけで失脚したりなんて本当によく聞きますから。

まとめ

「この人から是非買いたい!」と思ってもらえないのであれば、それはあなたという人間が薄っぺらいからです。

お客さまは肌感覚で営業マンを選別しているので、誤魔化しは通用しないと自覚してください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


6 Responses to “営業マンがテクニックで人を惹きつけるのには限界がある”

  1. りえっくす より:

    こんにちわ。
    確かに、付け焼き刃の知識や立ち居振舞いでは薄っぺらいですよね。
    今の私はそうだと思います。
    生保の勉強だけでなく、それにまつわる情報も大事だと思い色々と調べたり、聞いたりしています。
    今はその気になればどんなことでも調べる事が出来るようになりましたよね。
    だけど、やっぱり興味がないと調べませんよね。
    そのきっかけを作れるように頑張ります。

    ランキング上がるように応援しています!
    私も見習って毎日コツコツ頑張ります!

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      こんにちは!
      私が住んでいる川崎市は気持ちのいい天気の週末ですが、りえっくすさんはいかがお過ごしでしょうか。

      最初から人間魅力が溢れ出ている人はいませんので、少しずつ人間性を磨いていけばいいいと思います。
      私は若い頃「大金を稼いでやる!」みたいな考えだえで営業をしていましたから(人間性もなにもあったものじゃない)

      私はコンサル会社で法人営業をしているときに、数えきれない程の経営者の方々にお会いしました。
      そして感じたのが「成功する人って人格者が多いんだな!」ということです。

      もちろん、とんでもない社長が一人もいなかったとは言いませんが、全体数からそういう社長はごく少数でしたよ。

      偉そうに言っている私も、まだまだ未熟ものですので精進します!

  2. Husky より:

    ブログ更新お疲れ様です。
    最近、自分の人格が薄っぺらいな~と感じるようになりました。
    (人からどう思われるかばっかり気になり顔色を窺って行動する癖がある)
    なのでこの記事がだいぶ突き刺さりました。
    もっと人格を磨きたいです。
    それにはやはりいろいろな人とお話しするのが一番でしょうか?

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      Huskyさん!
      コメントありがとうございます。

      他人からどう思われるか気になるのは構わないと思います。
      多かれ少なかれ誰でも気になりますので。

      ただ、それに影響され過ぎるのは考えものです。

      自分が無い人には人格は備わりません。
      ですから、「自分はどんな人間になりたいか」を決めてください。

      そして、いろいろな経験をしてください。
      Huskyの言っている「いろいろな人とお話しする」もその中のひとつです。

      良い経験も悪い経験も両方必要ですが、個人的には「悪いとき」や「大変なとき」は人格を磨く大チャンスだと思います。人間は追い込まれたときに本質が現れますので、弱い自分と戦い逃げないこと。

      でも、この記事が刺さったHuskyさんなら、きっと変れます!
      頑張ってくださいね。

  3. Husky より:

    ご回答ありがとうございます!
    悪いときにはすぐパニックになるので、そこを直して逆境に打ち勝てる人間になるよういろいろ経験します!

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      そうですね!
      応援していますので頑張ってください!

コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ