【営業Q&A】生保営業のやり方についての回答

営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は生保営業のやり方という質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら


スポンサードリンク




生命保険の営業ウーマンからの今回の質問

生命保険の営業ウーマンの方から以下のような質問がきました。
(ニックネームから女性だと思っていますが、万が一男性だったらすみません)

まずは、内容をご紹介します。

来月からいよいよ外回りに出ます。 新規開拓は大変だけど、とにかく数をこなしたいと思っています。 自分の担当地区を与えられたので、その中で契約をとるんですけど、保険の営業だとどれくらいのペースでアポを取るのがお客様の負担にならないでしょう? 自分が営業されると、すぐウザいと感じていただけに気になります。 時間がかかっても信頼関係が出来るまでは保険の話は極力したくないなぁと考えているのですが…


生保営業のやり方の質問に対する回答

りえっくすさん、はじめまして!
来月から現場ですか!!

やる気と不安と入り混じった心境なのでしょうね。

質問内容はシンプルですが、非常に重要なことについて書かれていましたので、りえっくすさんの質問を引用して回答したいと思います。

アポのペースについて

まず、アポのペースについて心配されているようですが、これに関しては心配する必要はありません。
何故なら、最初から思う通りにアポが入ることはないからです。

お客さまの負担に関して

質問の内容で一番位になったのが「自分が営業されると、すぐウザいと感じていただけに気になります。」です。

実はこれ、結果が出せない営業マンの典型的な考え方なんですね。

「営業=ウザい」と自分が感じていたら、相手に100%全力で保険を勧めることは絶対に出来ません。

考えてもらいたいのですが、保険って月〇万円の支払いですが総額だとかなりの大きな金額になりますよね。マイホームほど高くはありませんが、結構いい自動車が購入できるくらいの金額になるんですよ。

遠慮していたら売れません。

まずは、りえっくすさん自体の「営業=ウザい」という考え方を変えましょう!

時間がかかっても信頼関係が出来るまでは保険の話は極力したくないなぁ

保険は人生に関わる問題ですので、お客さまとの信頼関係を築きたいという気持ちは素晴らしいです。
でも、りえっくさんに覚えておいてもらいたいことがあります。

それは、お客さまから「しっかりしているな」とか「悪い人じゃなさそうだな」とは思ってもらえても、本当に信頼をしてもらうのは簡単なことではないということ。

本当の信頼が得られるのは、りえっくさんが生保の営業を10年とか20年とか続けられたときです。
何故なら生保の営業マンのほとんどが辞めてしまいますからね。

逆に言えば、りえっくすさんが本気でお客さまと信頼関係を築きたいのであれば「絶対に辞めないこと」です。

ただ、りえっくすさんの「信頼関係を築きたい」の気持ちの裏には「生保をガンガン勧めることにたいする抵抗」が隠れているだけだと、私は思っています。


すみません!
少々厳しい内容になってしまいました。

ただ、綺麗ごとでやっていけるほど生保の営業の世界は甘くないので、本当のところをお話しさせて頂きました。

りえっくさんの成功を心から応援しています!

※ 追記
記事を公開した日の夕方に質問者のりえっくすさんから以下のようなメールがきました。


早速、回答頂きありがとうございました!ちなみに女です~! そうですね!いきなりアポ取れる訳ないですね~取り越し苦労でした。 やってみないとわからないけど、まずはたくさんの人に会えるように頑張ります! これからも参考にさせてもらいます!


りえっくさん!
レスポンスが早くで素晴らしい!

レスポンスが早いのは売れる営業マンの絶対条件ですので、忘れずに頑張ってくださいね。

最後に

今回は生命保険の営業ウーマンからの生保営業のやり方という質問に対する回答をお送りしました。

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」
こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

無料メール相談はこちら



スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ