ビジネスマンが知っておきたいヒヤリ・ハット事例とハインリッヒの法則

ビジネスマンとして毎日仕事をしていると、本当に色々なトラブルやクレームを目の当たりにしますよね。

ただ、大きなトラブルやクレームはある日突然起きるわけではなく、それまでに小さな兆候があったのに見過ごしていたり手を打たなかった結果起きてしまうケースがほとんどなんですね。

そこで、今回はヒヤリ・ハット事例とハインリッヒの法則というビジネスマンが知っておくべき2つの法則をご紹介します。


スポンサードリンク




ヒヤリ・ハット事例とは

ヒヤリとするビジネスマン

ヒヤリ・ハットは、結果として事故に至らなかったものであるので、見過ごされてしまうことが多い。すなわち「ああよかった」と、直ぐに忘れがちになってしまうものである。

出典:ヒヤリ・ハット – Wikipedia


上記はWikipediaからの引用ですが、読んでみてどうですか?
あなたの職場でも「!」と思ったものの、重大問題になっていないということで見過ごされていることってあるのではないでしょうか。

ハインリッヒの法則

法則名はこの法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(英語版)、1886年 – 1962年)に由来している。彼がアメリカの損害保険会社にて技術・調査部の副部長をしていた1929年11月19日に出版された論文が法則の初出である。
彼は、ある工場で発生した労働災害5000件余を統計学的に調べ、計算し、以下のような法則を導いた。「災害」について現れた数値は「1:29:300」であった。その内訳として、「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていたことになる。

出典:ハインリッヒの法則 – Wikipedia


これもWikipediaからの引用ですが、問題なのは1:29:300という比率。

1件の重大案件の陰には29件の小さな案件が起きているだけでなく、300件のヒヤリ・ハットした案件が隠れているというのです!(なんか1匹でたら30匹いるゴキブリみたいですね…)

報・連・相が大切な理由

新人ビジネスマンの中には「いちいち報・連・相って面倒くさいんだよ…」と思っている方がいるかもしれません。
ただ、ヒヤリ・ハット事例やハインリッヒの法則を知ったら必要性を感じたのではないでしょうか。

「ま、いっか!」や「この位なら大丈夫だろう…」という油断や間違った自己判断は、後々までいつ爆発してもおかしくない爆弾を抱えてしまうリスクがあるのです。

本音を言えば、頻繁な報・連・相は上司にとっても大変なんですよ。
忙しい中、仕事の手を止めて聞かなければならないですからね。

ただ、上司は長年のビジネス経験で、ちょっとした案件がとんでもない重大な問題を引き起こしたり、クレームに繋がったのを見たこと聞いたたことがあるから受けているわけです。

ですから、上司に好かれたければ、下手なお世辞を言うより報・連・相を徹底した方が効果的です(笑
覚えておきましょう!

最後に

報・連・相もすればいいというものではありません。

ビジネスマンの中には「いいことは報告し、悪いことは隠ぺいする」というタイプがいますが、これをやったら上司からの信頼を間違いく失うでしょう。

ですから、いいことも悪いことも報告、特に悪いことに関しては一刻も早く報告することを心掛けてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ