ブログ宛に来た営業メールから営業マンが学ぶべきこと

WEBサイトやブログをやっていると、メールフォームから問合せ以外の営業メールが届くことがあります。

当ブログもアクセス数がアップしていくに連れて、問合せメールが増えて来ました。

それにしても、問合せフォームが設置してあるページに「お問い合わせフォームからの宣伝・広告メールはお断りしておりますのでご了承ください。」と書いてあるのに平気で送信してくるなんて、なかなかの勇者だな…

法律違反では無いですが、こういうことをすれば企業イメージのマイナスになることが判らないんですかね?

そして、メールの内容もなかなか酷かったので、実際のメールをもとに営業マンが学ぶべきことを考えてみましょう!


スポンサードリンク




営業マンが送信してきた問題のメール

まずは、そのメールをご覧ください。

はじめまして 、〇〇と申します! (美容室 営業 ワードからきました) 突然スミマセン! 美容室や個人サロンへ行き 営業やSNS集客ができる方を 探しております! ご興味がなければ スミマセン! ご興味がありましたら 詳細お伝えいたします! 失礼します!


そして、その2分後に以下のメールが来ました。

スミマセン! 宣伝…お断りでした!読んでいませんでした! 失礼いたしました!


スゲーなおい!
この営業マン最強だな(悪い意味で)

当ブログの読者の営業マンの方は、こんな営業メールを送っちゃ駄目ですよ。
本当に常識違反だと思われてしまいますから…

営業メールの問題点

気付き
問い合わせのページに「宣伝・広告メールはお断り」と書いてあるのに送信してたことに関しては、法律違反ではないので大目に見るとしても、メールの内容が余りにもお粗末すぎます。

私が感じたこと・気が付いたことをまとめますので、参考にしてください。

個人名で送ってきた

上記のメールの〇〇のところは、送信者の名前です。
つまり、このメールには会社名が無かったんですね。

これ、あり得ないですよね。
ちょっと、怪し過ぎて興味を持つ人はいるのかってレベルです…

組織に所属しているのであれば、会社名を名乗るのは礼儀ですよ。

もしかしたら、営業マンが独断で営業メールを送信しているのかもしれませんが、それはそれであり得ないですね。

「!」を多用、スミマセンなどのマナー違反

みなさんは、上記メールをパッと見た瞬間に違和感を感じましたか?

ビジネスメールでは、原則「!」「?」のような記号は使いません。
また、すみませんを「スミマセン」とカタカナにするのも意味不明です。
宇宙人が話しているのかと思いましたよ(笑

相手の社名や名前が無い

ビジネスメールは、送信相手の会社名や役職、氏名などからはじまるのが常識です。
せめて「営業.biz 白井さま」くらいは書いて欲しかったですね。

私の予想ですが、問い合わせフォームからメールを送信するのは手間がかかりますので、定型文以外のテキストは打ち込まなかったのでしょう。

情報が少なすぎる

これもお気づきかもしれませんが、このメールにはサービス名も無ければ、実績もありません。
ですから「リリースしたばかりの新サービス」なのか「実績十分の好評のサービスなのか」が全然見えない。

これでは、反応は取れませんよ。

サービス名・実績・メリットなどを簡潔に盛り込むべきです。

確認不足

2通目のメールで「スミマセン! 宣伝…お断りでした!読んでいませんでした! 」と言っていることからも判る通り、確認が不足しています。

まとめ

今日は、たまたま来たメールから営業マンが学べることを書いてみました。

こんな1通のメールからもこれだけ学べることがあります。
こういうことに気が付けるかどうかって、売れる営業マンになれるかどうかを分けるんですよね。

自分の身の周りで起こっている全てが気付きや成長に繋がると心得ましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ