テンションを上げたい営業マンにおすすめのアゲアゲな曲!

営業マンであれば「どうやってテンションを上げるか!?」は非常に重要なことです。
メンタルがやられているときって、いい結果が出ないですもんね。

私も、テンションを上げる工夫に関しては、あらゆることをしています。

  • 朝一で熱いシャワーを浴びる
  • シャツ・パンツ・下着・靴下などは左手・左足から
  • 外せない商談があるときは勝負ネクタイをする
  • 商談前に食事を取らない(空腹感が神経を尖らせる気がするので)
  • 朝の通勤や商談前にテンション上がるような大好きな曲を聴く

他にもいろいろありますが、今回は一番最後の音楽を聴くというテンションアップの方法と、実際に私がテンションを上げたいときに聴く曲をご紹介します!


スポンサードリンク




トップセールスマンはテンションを上げるのが上手

アゲアゲな営業マン
私は数えきれない程のトップセールスマンを見てきました。
そして、「みんな独自のテンションの上げ方を持っている」ということに気が付きました。

「今日も1本決めてキャバクラに行くぞ!」をテンションアップに繋げている営業マンや、契約を取るとかっこいいスーツを購入して着ることでテンションを上げている女性営業マンもいました。

「そんな下世話な(汗」と感じる方もいるかもしれませんが、それでテンションが上がって契約が取れるのであれば、個人的にはOKだと思っています。

「世のため人のため」もいいですけど、もう少し身近なことでなければテンションが上がらないですもんね(笑

ただ、ガンガン稼いでいる営業マンであれば、「海外旅行に行く!」などお金にものを言わせてテンションを上げることもできますが、新人営業マンや売れない営業マンはそういうわけにはいきませんよね。

そうそう、「商談前に5分ほど瞑想する」という儀式!?でテンションを上げる営業マンもいましたが、私の場合、疲れていたら5分間の間に寝ちゃいそうですし、瞑想すると余計なことを考えて迷走してテンションが下がりそうなので無理でした(笑

そう考えると、音楽が大嫌いという人は余りいませんので、アゲアゲな曲を聞くのはテンションを上げるいい方法としておすすめできます!

テンションアップに繋がるアゲアゲの曲

さて、ここからは「私が商談前などにテンションアップの為に聞いている曲」をご紹介します。

ただ、基本的には「自分の好きな曲」で構いません。
アニメソングを聞いてテンション上がるなら、それでOKです。

余りいないと思いますが、悲しい曲やバラード系は避けた方がいいと思います(笑

Kill Em With Kindness セレーナ・ゴメス

最近、ミュージックビデオが公開されたばかりのセレーナ・ゴメスの新曲「Kill Em With Kindness」はノリもいいし、この曲が発信しているメッセージも営業マンにピッタリです!

【Music】


【Music video】

この曲の題名のKill Em With Kindnessには、失礼な態度をとる人に対して、優しさで圧倒するという意味があります。

多分、ブログが炎上したり、SNSで誹謗中傷を受ける可能性が誰にでもある時代ですので、このようなメッセージソングができたのでしょう。セレーナ・ゴメスさん自身も超有名人ですから、誹謗中傷は日常茶飯事のように受けているでしょうしね…

営業マンは、飛込みやテレアポで「さすがにそれはないだろ…」という失礼な態度を取られることが多いですので、朝の通勤や商談前などに「Kill Em With Kindness♪」と口ずさめばテンションが上がること間違いなしです!

Into You アリアナ・グランデ

次は、猫耳や親日家として知られているアリアナ・グランデのInto Youは最高です!

【Music】



【Music video】
Into You
400円
(2016.07.10時点)
posted with ポチレバ

Into Youは「あなたに夢中」という意味ですので歌詞的には恋愛ソングになります。

だた、最初は静かに始まって段々盛り上がり、サビで爆発するような展開のこの曲を聞くとテンション上がっちゃうんですよね!(ちなみに恋はしていませんよ)

あと、アリアナちゃんってビジュアルがめちゃくちゃキュートなんです!!
ですから、PVを観ると更にテンションが上がっちゃいます(笑

Happy ファレル・ウィリアムス

少し前に大ヒットした有名曲ですので、知っている人や好きな人も多いと思いますが、3曲目はファレル・ウィリアムスのHappyです!

現代版の「幸せなら手を叩こう!」と言われているだけあって、「だってボクは幸せなんだ!手をたたこう!」と歌っています。

【Music】


【Music video】

この曲のアゲアゲ感には無理やりな感じがせず、思わず口ずさんだり、体が動いてしまうような心地の良さがあるんですよね。

もちろん、Happyという題名の通り、歌詞もアゲアゲなので本当にテンションが上がります!
この曲もファレル・ウィリアムスさんが踊っている映像も一緒に観ると更にご機嫌になれますよ(笑

最後に

今回、ご紹介した3曲はメジャーなものばかりですが、個人的にはイングヴェイ・マルムスティーンのようなハード・ロック、へヴィー・メタルの曲もテンションを上げるために聞くときがあります。

まぁ、一般受けしないのでご紹介はしませんが(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ