45才の誕生日を迎えて思うこと

昨日、6月29日は私の45回目の誕生日でした。
当日にこの記事を公開すると「おめでとう!」というコメント狙いみたいになっちゃうので、1日遅れのご報告です(笑

誕生日のイメージ
まぁ、それは冗談ですが、歳を取るのって本当に早いものですね。

少年の頃、40代の人って随分おじさん、おばさんに見えたものですが、自分がその年齢になってしまったのですから驚きです。

今日は、営業のことではありませんが、45歳を迎えて思ったことを書いてみます。


スポンサードリンク




45才って意外と大人じゃない感が半端ない

私の自覚が足りないだけもしれませんが、45才になった率直な感想は「45才って意外と大人じゃないんだな…」です。

先ほど言った通り、自分が子供の頃は40代はもの凄い大人に感じました。
もしかしたら、今の40代は若々しい人が増えたので、見た目の影響もあるかもしれません。
(昔の人ってメイクや服装のせいかもしれませんが、やたらと老けてません?)

もちろん、子供のときには知り得なかった大人の事情というか面倒なことや大変なことはいろいろあります。
だた、だからと言って精神的に大人になれたかと言えば、それほどでもないんですよね。

私と同世代の方ってどう感じているのかな~。
(良ければコメントください)

健康の大切さを年々痛感する

じゃあ、若いときと何も変わらないかといえば、やっぱり変わります(笑
特に、40代になってからは年々健康の大切さを痛感するようになりますね。

現在の日本人の平均寿命は、女性が84才、男性が80才です。
やっぱり半分くらい生きると、ひとつやふたつ体に悪いところが出てきますからね。

細かいことをいうと、怪我したときの治りが遅くなりました。
(よく聞く話だと思いますが本当なんですよ)

かさぶたなんか出来た日にゃあ、「いったい、いつになったら治るねん!」ってくらい治りません(笑

そうそう、今日はお袋の月命日なのでお墓参りをしてきたんですが、私の母が初めて癌になったのが45才のときだったんですよね。(こんな若いときから癌を患って大変だったろうな…)

同世代の方々!
お互い気を付けましょうね!!

あと、若い世代の方に言っときますけど、若いときから健康には気をつけておいた方がいいですよ。

私は、若い頃に肉体的にも精神的にも厳しい訪販の会社で働き続け、ストレスから暴飲暴食を繰り返していたら「大人喘息」になってしまいました。

今は薬で完全にコントロール出来ていますが、過去に3度ほど発作で死にかけたこともあります(笑

人生折り返して今後どうするか

40代になると、仕事でも責任あるポジションを任されていたり、子供の教育費がいよいよ高くなってきたり、早い方は親の介護がはじまったりすると思います。

ただ、そんな中でも常に新しいことにチャレンジし続けることが大切だと感じます。

理由は、以前にも当ブログで書いたことがありますが、毎日同じことの繰り返し(悪いルーチン)になってしまうと、毎日がつまらなくなってしまい思考停止に繋がると思っているからです。

ですから、私は死ぬまで新しいことにチャレンジします!

考えてみれば、アナログの営業の世界一筋でパソコンに触ったこともなかったのに、40才過ぎてからブログをはじめて、今ではワードプレスを使ったり、簡単なソースが書けるようになったり、SEOの知識もつきました。(最近はけっこうな収益も上がっています)

誰かに教わったわけではありませんので、遠回りだったかもしれません。
でも、おかげさまで月10万pvのブログに成長しました。

本当にやってみるものですね!

ただ、ブログにも慣れてきてしまったので、今後は英会話かギターを頑張ろうと思っています。

最後に

今日は、誕生日を迎えて思ったことを書いてみました。

そうそう、ブログは死ぬまで書き続けようと思っています。

理由は、画家とかミュージシャンって自分の作品が世の中に残るじゃないですか。
「じゃあ、自分は生きていた証拠と言うか足跡って何が残せるかな…」って、昔から思っていたんですよね。

だから「そうだ!ブログを書こう!」って思ったんです。
(昔の部下が「営業手法を教えて」と訪ねてきたのも大きな原因です)

私の人生は営業を抜いては語れませんし、営業で悩んでいる方は多いので役に立てればやりがいがありますし。

ということで、今後も営業ブログ「営業.biz」をよろしくお願いします。
(なんだろう、この締めくくりは…)


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ