データ通信量の軽減効果抜群!公衆無線LANに自動接続するアプリ「タウンWiFi」は営業マンの強い味方!

データ通信量7Gを気にしないでスマホを使えたらいいと思いませんか?

移動中にスマホで情報収集や空き時間にスマホのデザリングでPCを使ったりしていると、あっという間に通信制限の上限に達しちゃいますからね。

だからとって、月4000円前後払ってWiFiルーターを持つほどでもない…

そんな方に朗報です。
公衆無線LANに自動接続するアプリ「タウンWiFi」を使えば、通信料を大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク




通信量を節約したければ、公衆無線LANを使えばいいのですが…

私は通常の営業活動だけではなく、当ブログの執筆でPCを使うときなどにもスマホのデザリングを使いますし、それでなくてもインターネットに接続する時間が長いので、スマホの通信量7Gは死活問題です。

ですから、普段からスマホの通信料を出来るだけ使わないように気を使っているのですが、それでも毎月7Gギリギリまで使ってしまうんですよね。

そうそう、先々月なんてonedriveの同期を一時停止せずにPCをデザリング接続したら、あっという間に7G使い切って通信制限がかかってしまうという地獄をみました(笑

さて、そんな私ですから、スタバやタリーズ、駅や電車内などに飛んでいる公衆無線LANの電波を出来るだけ使っているのですが、不便なことがあります。

それは、登録やログインが必要なこと。

公衆無線LANの中には、一度接続すれば自動的に接続されるものと、いちいちログインしないと駄目なものがあって「いちいちめんどくさ~」って思っていたんですよね。

そんな、通信制限の悩みと登録や接続の手間を大幅に軽減してくれそうなアプリが「タウンWiFi」です。

タウンWiFiとは

タウンWiFiは公衆無線LANの登録や接続の手間を大幅に軽減してくれます。
自動認証もしてくれるので、ログインする必要もなければ、パスワードを店員さんに聞く必要もなくなります。

こんな理想的なアプリが無料で使えるんです!


これでデータ通信量の節約が出来るなら使わない手はありませんよね!

使い方も簡単で直感的に使えますので、是非App StoreのタウンWiFiのページを見てみてくださいね~。

街中のWi-Fiに自動接続 – タウンWiFi


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ