海外ドラマから学べる営業マンの返事の仕方

私の趣味のひとつに海外ドラマ鑑賞があります。

単純にストーリーが面白いのもあるのですが、吹き替えでなく、英語字幕や日本語字幕で観ることで英語の勉強を兼ねるこことができるのでハマりました。

さて、そんな海外ドラマを観ていて気が付いたことがあります。
それは、「はい」と返事をするときにyesってほとんど言わないんです。
本当にいろいろな返事の仕方をするんですよ。

「これって営業マンが学ぶべきことがあるな~」と思ったので、この件についてお話しします。


スポンサードリンク




英語の「はい」の種類の多さにビックリ!

「はい」の返事
私は学生時代は英語に興味が持てず、大人になってから勉強を始めました。
ですから、英語の返事と言えば「yes」「No」だと思っていたんですよね。

ところが、海外ドラマを観ていると「yes」ってほとんど言わないんですよ。

sure,fine,yeah,yap,right,absolutely,exactly etc

あとは、敬語的な表現として、Yes, sir.Yes, ma’am.が使われますね。

とにかく、上記のように、yesではないさまざまな表現を使って返事をします。

Yes, sir. 「はい」の敬語。男性の上司に使う。

Yes, ma’am.「はい」の敬語。女性の上司に使う。

sure 「いいですよ!」「もちろん!」という意味。

fine 「わかったよ!」という意味。(不満がある、怒っている、うんざりしているときに使う)

yeah 「ああ」「ええ」というニュアンス。yesの「はい」よりもくだけた感じ。

yap yeahよりも更にくだけた感じの「はい」

OK これは説明の必要はありませんよね(笑

right 「了解です」「OK」という意味

absolutely 「もちろん」という意味。(sureよりも強い同意)

exactly 「その通り!」という意味。


欧米人は「相手の気持ちを察する」と言うよりも「思っていることを言葉にしないと判らないじゃないか!」という文化なので、同意する表現だけでもyes以外に上記のような複数の表現を使い分けるのでしょう。

例えば「sure」でななく「fine」と言われた場合は、「何か不満があるのかな?」と判るというわけけです。

当ブログは、英会話の勉強のためのブログではありませんので、このくらいにしておきますが面白いですよね。

営業マンなら返事の仕方も工夫しよう

さて、ここからが本題ですが、売れる営業マンになりたければ返事の仕方にも気を配って工夫してください。

例えば、「はい」「はい」「はい」と、商談中に「はい」を連発すると単調な商談になってしまいますので、「その通りですよね!」など違う表現を使うべきです。

  • はい
  • その通りです
  • 分かります
  • 承知しました
  • かしこまりました
  • ええ(若い人が目上の人に使うのはNG)
  • 本当にそうですよね
  • おっしゃる通りです
  • 全く異論はございません
  • 実は同じことを考えていました

上記のように、少し考えただけでも同意するときの返事の表現はいろいろあります。
まだまだ他にもありますので、自分でも考えてみてください。

最後に

「はい」「はい」しか言わないと「こいつ聞いてんのかな?」って思われかねません。

聞き上手って言いますけど、返事の仕方を工夫するだけでも効果はありますよ。
是非、試してみてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ