私が法人営業で社長としか商談したくない理由5つ

boss-10270_640

上場企業や超大企業では難しいですが、私はそれ以外の企業では、出来れば社長以外とはデモ(商談)したくありません。

それほど社長でもがオススメの理由をご説明します。


スポンサードリンク




【社長としか商談したくない理由5つ】

社長は決裁権を持っている

もうこれは当ブログで何度も何度も言っていますので、読者のあなたはわかっていると思いますが敢えて繰り返しています。

「社長は決裁権を持ってるんだよぉぉぉお〜!」

 

何でこんなに何回も言うかといえば、

「社長には繋がらない」

「社長アポを取るのは難しい」

こんなつまらない理由で、簡単に担当者のアポに逃げる営業マンが多いからです。



はっきり言いますが、担当者デモは社長デモの5倍も10倍も難易度が高いんです。

これほど言っても担当者デモを打ち続ける勇気のある営業マンは勝手にしてください。

私に言わせれば、「御愁傷様」って感じです。


社長は頭の回転が早い

これも私が数百社の社長と対面して感じた事ですが、



社長はとにかく頭の回転が早い!!

と本当に感心させられます。



私は法人営業の際に出来るだけ専門用語は使わず、中学生でもわかるようなデモを打つようにしています。

しかし、同じ説明をしても、社長と担当者では全く理解力が違います。



「打てば響く」と言いますが、社長とのデモはトントン進むので、本当に営業マンにとってはありがたいです。


社長は決断が早い

私も社長になって感じることですが、トップというのは毎日毎日選択と決断の連続なんです。(スピード感がないと現在のビジネスシーンでは生き残っていけませんからね)

そうなると、担当者と違って、



選択する際の嗅覚

スピーディーに決断する習慣

 

を自然と身につけているのです。



それに比べると担当者は、、、

わかりますよね!?


社長には覚悟があり、責任を取ることが出来る

会社がうまくいくもいかないもトップである社長の責任です。

ですから、社員とは比べものにならない覚悟を持ってビジネスをしています。

考えて見てください。

自分だけでなく、沢山の社員たちの人生も預かっているのです。



そして、うまく行けばいいですが、失敗したら路頭に迷うかもしれません。



はっきり言って、肝が座っているんですよ。



ですから、責任を取れない、失敗した時の自分の立場ばかり気にしている社員とは全く違って、自分で責任を取る覚悟がありますから、そりゃあもう、全然違いますよ。



社長は会社の事を考える(この会社の中には社員という意味も入っています)

社員は自分の事を考える



これでも担当者デモばかり打ちますか?


人脈がある

社長は必ずと言っていいほど、社長同士のネットワークを持っています。(というか、持つようにしていると思います)

私も法人営業をやっていて、紹介紹介で全国のありとあらゆる地域に紹介連鎖が広まったことがあります。



しかし、担当者でそこまでの人脈を持っている人はあまりいません。

法人営業の魅力の一つとして、紹介戦略によるレバレッジがきくということがあげられますが、担当者デモばかり打ち続ける法人営業マンは、この恩恵とは無縁になってしまいます。



あなたは、ずっと新規の1本釣りを続けますか?



以上です。

これでも、担当者デモを打つなら勝手にしてください。

それほど、結果が違ってきます。



信じて社長デモを増やせば、それだけであなたの数字は倍増しますよ!

 


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントは受け付けていません。

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ