アドセンスの関連コンテンツのクリック率が超高くて驚きを隠せないレベル!!

アドセンスの収益アップには、広告のサイズや配置を変えるなどの方法があります。
しかし、過去に試した中でも最高に収益アップに繋がりそうなのが、関連コンテンツ広告です。

関連コンテンツ広告を貼って1週間ですが、もうクリックされまくりでヤバいレベル!
これは使わなきゃ損です!

そこで、関連コンテンツ広告について、これまでの検証結果をお教えしますね。


スポンサードリンク




関連コンテンツ広告とは

関連コンテンツ広告とは、ワードプレスのプレグインYet Another Related Posts Pluginのように、表示されている記事に関連した記事の一覧を表示してくれるだけでなく、その中にアドセンス広告も表示してくれるタイプの広告です。

関連記事を表示させると、直帰率を下げたり、ページ/セッションの数値をアップさせる効果があるので、上記のYet Another Related Posts Pluginのようなプラグインを使っている方も多いですが、どうせなら収益にもつながった方がいいと思いますので、関連コンテンツ広告はやらなきゃ損です。

関連コンテンツのデメリット

ただ、月間100万PVを超えるようなプロブロガーのブログでも関連コンテンツ広告が貼られていなかったりするんですよね。

私の予想ですが、ページ/セッションの数値が下がったり、ブログ滞在時間が下がるなどのデメリットを考えて様子を見ているのでしょう。(100万PVもあれば、十分な収益があるので急いで新しい広告を張る必要がないのもあると思いますが…)

確かに、関連コンテンツを貼ってからページ/セッションの数値や滞在時間が若干下がり、直帰率が若干上がりました。
(具体的な数値の開示はアドセンスの規約で禁止されていますので開示できませんが、本当に若干です)

これに関しては、1週間しか経っていないので今後の検証結果次第では状況が変わるかもしれません。

というのは、プラグインのYet Another Related Posts Pluginを使っていたときよりも、関連記事の関連性が低いからです。

ただ、関連コンテンツを貼った直後よりも現在の方が関連性のある記事が表示されるようになっていますので、これも今後改善するかもしれません。

関連コンテンツのメリットと導入した方がいい理由

クリックのイメージ
さて、ここからは本題の関連コンテンツ広告を導入した方がいい理由についてお送りします。

実際に関連コンテンツを導入してから、現在までで気が付いたメリットには以下のようなものがあります。

  • プラグインを1つ減らせる
  • 関連コンテンツ広告のクリック率がめちゃくちゃ高い
  • 1ページに表示できるアドセンス広告3つまでとは別枠なので広告数を増やせる
  • 関連記事の中にさりげなく広告が表示されるのでいやらしくない
  • 収益が大幅アップ!1日のアドセンス収益の最高記録を軽々更新!

これだけのメリットがあるのに関連コンテンツ広告を張らない手はありません!

ちなみに、関連コンテンツのクリック率は、通常のアドセンス広告の数倍ありますが、単価が高くないので収益が単純に2倍、3倍にはなりません。

ただ、それでも大幅な収益アップになりますよ!

まとめ

アドセンスの管理画面の所有サイト一覧のページで「利用できます」と表示されたブログであれば、今すぐ導入できる関連コンテンツ広告!

今すぐ管理画面をチェックして導入してみてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ