【営業Q&A】営業職は一生続けられる仕事ですか?

営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は「営業職は一生続けられる仕事ですか?」という疑問に対する回答をお送りします!

※ 尚、以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。
【参考】お問い合わせページ


スポンサードリンク




営業職を一生続けられるかどうかは本人次第です!

「営業職を一生続けられますか?」に対してお答えするとしたら「本人次第です!」が回答になります。

「え!?当たり前じゃん」とか「答えになってないじゃん」と思う方も多いと思いますので、その理由についてお話ししますね。

営業職が本人次第の理由

具体的な理由を書きますので、これから営業職に就く方、現在営業職の方も参考にしてください。

成績次第では会社に居られなくなる

営業の仕事というのは、残酷なまでに仕事の優劣がハッキリしています。
数字をみれば営業成績は一目瞭然ですからね。

問題になるので、昔のように「お前なんか辞めろ!」と言う上司は減ったと思います。
でも、やっぱり営業成績が悪ければ、居心地が悪いのが営業会社というものです。

高いモチベーションを維持し続ける必要がある

営業マンとして生き残っていくためには、常に高いモチベーションを保っていく必要があります。

但し、以下のような理由でモチベーションを保てない人が多いもの事実です。

  • 目標やノルマを追いかけ続けるのに疲れ果てる
  • 成績不振に耐えられない
  • 世間の営業に対する猜疑心や警戒心に罪悪感を感じる
  • アポやデモの繰り返しに飽きてしまう
  • 「いつまで続けられるだろうか?」と不安になる

「確かに…」と思い当たる方も多いのではないでしょうか。

モチベーションは、他人に焚き付けられて上がるものではないので、本人次第というわけです。

営業職を一生続けるために必要なこと

では、営業職を一生続けるためには、何が必要なのでしょうか。
具体的な要素をあげてみます。

営業という仕事が好き

まず、一番にあげたいのが「営業職が好き」という気持ちです。

営業は悪いことばかりではありません。
やり方次第では短期間で大金を稼ぐことも出世することもできます。

数字で評価されますので、仕事のできない人間がふんぞり返っていることもありません。

また、一定のルールがあるにしても、数字を上げる方法は個人の自由。
ガンガン件数で稼いでもいいですし、紹介営業で効率よく稼ぐものありです。


あとは、私のように内勤やデスクワークが嫌いな人も営業には向いています(笑
冗談抜きで、デスクワークって眠くなってしょうがないんですよね…

目的意識を持つ

営業職を一生続けるためには「明確な目的意識を持つ」必要があります。

例えば、営業のキャリアを考えてみましょう。

  1. 生涯現場。一営業マンとして稼ぎまくる!
  2. 営業力をつけ、資金を稼いで独立・起業
  3. 営業成績を出して役員などに出世する

どれも簡単ではありませんが、一番難しいのは1番かもしれません。
理由は、お金を稼ぐことは目標になっても目的にはならないからです。

あなたが営業職に携わるのは、どんな目的に向かっているからでしょうか?

最後に

最後に「営業の仕事って10年後もありますか?」という疑問にもお答えしておきます。

AI(人工知能)が発達すると、ほとんどの仕事が機械に奪われるという情報がありますので不安な方も多いと思います。ただ、営業の仕事が全て機械に奪われることはないでしょう。

理由は、人は理屈だけで物を買うわけではないからです。

AIが今後どれだけ発展するか分かりませんが、人間の感情が完璧に把握できるようになるには、少なくても数十年単位の時間がかかると思いますよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ