Google Dictionaryがあれば電子辞書も英和辞典も不要【クロームの拡張機能】

Google Dictionaryというグーグルクロームの拡張機能を使ってみたら、めちゃくちゃ便利だったのでご紹介します。

ちょっとした英単語の意味を調べれるだけであれば、電子辞書や英和辞典は必要ありませんよ!


スポンサードリンク




拡張機能Google Dictionaryをクロームに追加・設定

拡張機能のGoogle Dictionaryは無料ですし、使い方も超簡単です。
実際に使った方が便利さが判りますので、クロームに追加してみましょう。

Google Dictionaryの追加

まず、chromeウェブストアでGoogle Dictionaryを検索します。

Google Dictionary(ウェブストア画像1) 【画像引用元】chromeウェブストア

画面右上にあるCHROMEに追加ボタンをクリックしましょう。

Google Dictionary(ストア画像2) 【画像引用元】chromeウェブストア

画面中央上にポップアップ枠が表示されますので、拡張機能を追加をクリック

Google Dictionary(ウェブストア画像3) 【画像引用元】chromeウェブストア

上の画像のように、ブラウザの右上に赤い本のアイコンが表示されたら無事ダウンロード終了です。

Google Dictionaryの設定

追加が済んだら次は設定です。
簡単ですので以下の画像を参考に設定してください。

まず、chromeのブラウザ画面右上の三のマークをクリックします。

Google Dictionary設定1 【画像引用元】chromeセッティング画面

上の画面になったら、画面左上の拡張機能をクリックして、Google Dictionaryを探し、オプションをクリックしてください。

Google Dictionary(設定2) 【画像引用元】chromeセッティング画面

オプションでは言語の選択ができますので、Japaneseを選択してSaveしましょう。

以上で設定も終了。
これで、拡張機能Google Dictionaryが使える準備が整いました!

拡張機能Google Dictionaryは超便利!

ここからは、拡張機能のGoogle Dictionaryがどのくらい便利なのかを解説します。

例えば、「この単語の意味わからないな…」
こんな時のために電子辞書や英和辞典を持ち歩く人は受験生くらいなものですよね。
(鞄が重くなってしょうがないですから…)

そういう私も、これまでは以下のグーグル翻訳を使っていました。

【参考】Google 翻訳

ご存知の方も多いともいますので簡単に説明しますが、左側のボックスに調べる対象の単語を入力して翻訳ボタンをクリックすると、右側に意味が出てくる超優れものの無料ツールです。

ただ、このグーグル翻訳を使う場合、WEBサイト上で意味を調べたい単語をコピー→グーグル翻訳のサイトを開きボックス内にペースト→翻訳ボタンをクリックという手間があります。(これでも、電子辞書や英和辞典を使うよりは手間はないんですけどね)

その手間が軽減されたのがGoogle Dictionaryです。

例えば、以下の画像を見てください。

英語のサイト1 【画像引用元】Hapa Eikaiwa

私も普段お世話になっているHapa Eikaiwaという英語学習サイトで試してみましょう。

例えば、サイト内のassumingという単語の意味が解らなかったとします。

そんなときは、コピペするときの要領で意味を調べたい単語の上にカーソルを合わせてダブルクリックをするだけ!

Google Dictionaryで単語の意味を調べた画像 【画像引用元】【画像引用元】Hapa Eikaiwa

そうすると、上の画像のように単語の意味が瞬時に表示されます。
(スピーカーマークをクリックするとネイティブの発音もチェック可能)

単語について更に詳しく調べたい場合はMoreをクリックすると、グーグル翻訳の画面が表示されるようになっていて便利ですよ!

まとめ

ちょっとした英単語の意味を調べるのであれば、Google Dictionaryで十分です。

本当に便利な時代になったものだな~。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ