長時間残業が蔓延っている原因と解決策

「日本人=働きもの」は美徳であり、世界に誇れる特徴と言われていましたが、昨今では「長時間残業の問題点」がクローズアップされるようになってきました。

確かに、オフィス街のビルの窓を見上げると、「こんな時間なのに灯りが!まだ、働いているの?」って思いますよね。

私も超がつくほどの長時間労働を長年続けてきた人間ですので、長時間労働について思うところがあります。

そこで、長時間残業が蔓延っている原因と解決策についてお送りします。


スポンサードリンク




長時間労働が無くならない原因

長時間残業に悩む女性社員
厚生労働省には「長時間労働削減推進本部」があります。

長時間労働削減推進本部では、長時間労働の取り締まりの強化や働き方の見直しをしている割には、実際の労働現場が大きく変わっているわけではないというのが現状ではないでしょうか。

では、長時間労働が無くならないのは何故なのでしょうか。
考えられる原因について挙げてみたいと思います。

長時間労働が当たり前という価値観

「24時間働けますか?」
ちょっと前に健康ドリンクのCMに使われていたキャッチフレーズですが、覚えている方も多のではないでしょうか。

こんなCMがテレビでガンガン流れていたという事実からも、日本人の長時間労働やむなしという価値観があることを表しています。

横並び精神・空気を読み過ぎ

日本人の特徴として、「他人の目を気にし過ぎる」というものがあります。
「横並び精神」や「空気を読み過ぎる」というのは、その特徴から生まれています。

上司や職場の同僚が仕事をしているのに、「お疲れさまでした~!」と自分ひとりだけが帰宅するということに対して精神的なプレッシャーを感じるのは、上記の「横並び精神」や「空気を読み過ぎる」からきています。

時間内に終わらせるという意識の欠如

「この仕事は今日中に終わらせなければ!」と考える人は多いですが、「〇時までに終わらせる!」と意識している人は少ないものです。

そして、日本人がもともと持っている責任感が働くことで、就業時間外も働き続けることになるのです。

奉公・下積みという慣習

日本には昔から「奉公」や「下積み」という慣習があります。
そう言えば、ホリエモンこと堀江貴文さんの「寿司職人に下積みは要らない」という発言が物議を醸していましたよね。

この奉公・下積みというのは料理人や大工などの職人の世界だけではありません。
医者が研修医時代にシゴキに近い劣悪な労働環境で働かさせるのは有名な話ですし、ビジネスマンだって例外ではないですからね。

「下積み時代にプライベートな時間なんて必要ない」という価値観が長時間残業を良しとしています。

無駄の多い組織や上司

何かひとつ決めるために稟議書を作り、直属の上司、課長、部長、役員、社長の判子が必要ですぐに取り組めない…
上記はひとつの例ですが、日本の組織には無駄が多かったり、無駄なことを強いる上司が多すぎます。

現場に権限移譲がされていない、何かあったときに自分だけが責任を取ることを避けたいというのが原因ですが、その為の無駄な作業が長時間労働に繋がっています。

仕事以外にやることがない

日本人の男性は、退職後にやることがなく、人付き合いが減って社会から孤立する傾向が高いという話は有名ですよね。そして、これは現役時代も例外ではなく、早く仕事を終わらせて帰宅したところで何もやることがないわけです。

こんな状況がダラダラと仕事をする原因になっているのですが、付き合させる部下はたまったものではありません。

残業代を当てにしている

長時間残業の原因には「残業代がないと生活が成り立たない」という切実な原因もあります。

こういう人にとっては、時間内に仕事が終わってしまうことの方が怖いわけですから、仕事効率が良くなるはずがありません。

長時間残業の解決策

長時間残業について考える男性社員
さて、ここからは長時間労働の解決策をいくつか挙げてみます。

経営者や上司の意識改革

営業マンで超がつくほどのトップセールスマンだったり、よほどの強心臓の持ち主でもない限り、上司や同僚が残業しているのに「お疲れさまでした!」と帰れる人はいません。

ですから、経営者が「時間よりも効率を重視」を全社員に打ち出す、上司が率先して早く帰るなどの意識改革をして、残業が当たり前の価値観をぶち壊す必要があります。

悪習間の改革

長年の間、当たり前のように行われていると悪習間であっても企業内文化になってしまいます。
今の現状で行われていることを良しとせず改革する必要があります。

無駄な会議など、無くしても業績に何の影響もないものを洗い出して撤廃しましょう。

副業をOKにする

就業規則に「副業禁止」の文言がある会社は多いですが、長時間残業を無くしたければ副業をOKにしていまいましょう。

理由としては、残業代がなければ生活が成り立たない人は、「出来るだけ残業しないように!」と言われても背に腹は変えられないので、残業を無くそうとはしません。

だったら、自分で働いて稼げるようにしてあげればいいのです。

まとめ

長時間残業が蔓延っている原因と解決策についてお送りしました。

長時間残業には「人員削減によって人手が足りず、仕事量が多い」「突発的に仕事が入ってくる」など、上記以外の難しい問題もありますが、それ以外のところからでも改善をはじめてみることが重要ではないでしょうか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ