添え状の書き方やテンプレート

履歴書や職務経歴書を企業に送付する際には添え状を同封していますか?

書類を送る際には書類送付状、FAXする際にはFAX送付状をつけるのと同じように、応募書類には添え状をつけるのがマナーです。しかし、添え状を同封していない求職者って意外と多いんですよね…

そこで、添え状の書き方やテンプレートについて解説します。


スポンサードリンク




添え状の書き方

結論から言ってしまえば、添え状に決まった書き方はありません。
(季節の挨拶や拝啓・敬具などの最低限のマナーは必要)

添え状に書く内容

添え状には以下の項目を必ず記載しましょう。

  • どの求人媒体を見て応募したか
  • 応募の意思表示
  • 送付書類一覧
  • 簡単な自己アピール(スペースがある場合のみ)

添え状を書くときの注意点

添え状を書くときには以下の点に注意してください。

  • 宛名は募集要項の内容に合わせる
  • 履歴書の日付と送付状の日付を同日にする

宛名に関してですが、求人媒体に「〇〇まで」と担当者名がある場合はその方を宛名に。
書いていない場合は「ご担当者様」

ちなみに、郵送用の封筒には、上から添え状→履歴書→職務経歴書の順で入れること。

添え状のテンプレート

添え状には決まった書き方がないですが、世間一般的には以下のようなものが多いです。
テンプレートとして使ってください。

====================================================

株式会社〇〇
採用ご担当者様

2016年〇月〇日

〇〇 〇〇


拝啓、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、求人サイト〇〇の〇月〇日の貴社の求人広告を拝見しました。

是非、応募させて頂きたく、履歴書および職務経歴書をお送りいたします。

ご選考くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具


送付書類


一、履歴書

一、職務経歴書

以上


==============================================

まとめ

添え状は送ったからといって絶大な効果があるわけではありません。
ビジネスマンのマナー的なものです。

しかし、無ければ常識を疑われますので、同封するのをお忘れなく!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ