書類選考で不採用になる理由は「応募書類のNG」にあった

「書類選考で不採用になって面接に辿りつけない」という方って多いですよね。
あまりに落ち続けると「自分は社会から必要とされていない…」と凹んでしまいます。

ただ、落ちるのはあなたではなく、あなたが書いている応募書類のNGが原因かもしれません。

よくあるNG例をあげますので、自分が書いた履歴書や職務経歴書に当てはまるものがないかどうか確認してみましょう!


スポンサードリンク




書類選考で不採用になる理由

就職・転職活動で志望企業に応募書類を送っても、書類選考の段階で不採用になっていしまうのは何故なのでしょうか。

理由としては、送った書類を採用担当者が必ず見ることがないというものがあります。企業によっては大量に応募書類が届きますので、全部しっかりと目を通していたらキリがありませんからね。

ですから、書類にも第一印象があると認識してください。

綺麗な字で判りやすく書かれた書類は印象がいいので読む気になりますが、読み辛い字でまとまりのない内容が大量に書かれていたら読む気にもなりません。

書類ひとつに作成した人間の人柄が出るものです。

応募書類のNG例

インクで汚れた紙
ここからは、履歴書や職務経歴書などの応募書類のNG例をあげてみます。

空欄が多い・内容が無い

応募書類が空欄だらけだったり、職務経歴書に対した内容が書いていないのはNG。
理由は、入社への熱意を疑われてしまうからです。

特に、志望動機や自己PRなどは採用担当者に「会ってみたい」と思わせるような内容にする必要があります。

ボリュームが多すぎる

内容が少なすぎるのもNGですが、反対に多すぎるのもNGです。
あなたは、小さな字でびっしり書かれている書類を読みたいと思いますか?

書きたいことが沢山あるのは分かりますが、採用担当者が読みやすいかどうかを考えてください。

また、ごちゃごちゃした書類は「まとめる能力がない」など、ビジネスマンとしてマイナスイメージに繋がるので注意が必要です。

誤字・脱字がある

就職や転職という大事な勝負所で提出する書類に誤字・脱字があると「国語力を疑われる」「作業が雑」と思われてしまうのでNGです。

また、PCで書類作成する際にも誤変換に気をつける必要があります。

専門用語や横文字の多用

専門用語や横文字を多用する営業マンは嫌われるものですが、それは書類においても同じことが言えるのでNGです。

採用担当者は専門用語などわからない用語を調べながら応募書類を読むことはありません。
「配慮が無い」ということで、不採用になってしまうので気を付けましょう。

守秘義務違反

自分の過去の経歴をアピールしたいばかりに、職務経歴書に社外秘の内容まで書くのはNGです。
モラルやリスクマネジメント意識の欠如とみなされてしまいます。

職務経歴は、具体的であるほど説得力がありますが、その内容については気をつけてください。

用紙が汚い

履歴書や職務経歴書にしわがある、角が潰れている、汚れているなどは当然NGです。

私が営業部の責任者をしているときに、営業部への人材補強のために採用担当として応募者の書類をチェクしたことがあるのですが、その中に明らかに醤油のシミが付いているものがありました。

その書類を書いた方と面接したと思いますか?

そこまで酷い書類は少ないですが、角が曲がっているものなどはありますので気を付けましょう。

まとめ

不思議なもので、丁寧に書かれた書類と手抜きして書いた書類は直感的にわかるものです。

ですから、書類作成は手間がかかりますが、絶対に手を抜かずに丁寧に作成するようにしてください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ