書類選考で採用担当者は履歴書・職務経歴書のココを見ている!就職・転職者が気をつける点とは

営業マンになりたい方、逆に営業マンで転職したい方に書類選考のコツとして「採用担当者は履歴書・職務経歴書のココを見ている!」という内容をお送りします。

書類選考は「会う価値のある人材か」を紙面上で判断されてしまいますので、採用担当者の目に留まるような書類にすることが重要です。

具体的なポイントについて解説しますね。


スポンサードリンク




履歴書と職務経歴書の役割

履歴書と職務経歴書
履歴書は自分自身のプロフィールを簡潔に記す書類ですので、職歴のところには過去に在籍していた企業の入退社だけを記入する程度でOKなのに対し、職務経歴書には所属した組織や事業内容、担当した業務などの詳細まで記入する必要があります。

また、職務経歴書で具体的に挙げた成果や工夫・改善したこと、身についたスキルなどを記入し、自分がどんな職場でどのように活躍してきたかを志望企業の採用担当者にアピールするようにしましょう。

この書類選考を通過できなければ、面接のチャンスすらもらえないということ肝に銘じて書類を作るようにしてください。

履歴書を書くときの注意点

履歴書を記入する際の注意点は以下の通りです。

記入する際に気を付ける点

  • 文書作成のマナーを守る
  • 出来る限り空欄を作らない。
  • 文字量のバランスに注意する
  • 丁寧な字で書く、もしくは字に自信がなければパソコンなどで記入
  • 簡潔で判りやすい内容でありながら、アピールするように工夫する

採用者はココを見ている

  • 学歴・職歴・保有している資格(基本的なスペック)
  • 趣味や特技(人柄や個性)
  • 志望動機(入社の意欲)
  • 希望条件に合致しているか

採用担当者は必ずといっていいほど、履歴書からみます。理由は、応募者全員の職務経歴書を見ていたらきりがないので、履歴書であたりをつけて興味のある人の場合だけ職務経歴書に進むからです。

尚、履歴書に添付する顔写真には細心の注意をしてください。
履歴書で一番最初に目がいくのは写真ですので、印象が悪いと大きなマイナスになってしまいます。

また、女性は比較的写真に気を使う傾向がありますが、男性は無頓着の傾向があります。
ちゃんと写真屋さんで奇跡の一枚を撮ってもらいましょう!

職務経歴書を書くときの注意点

職務経歴書を記入する際の注意点は以下の通りです。

記入する際に気を付ける点

  • 過去に所属した会社や業務内容、身に付けたスキル、具体的な成果などを過不足なく記入
  • 相手が読みやすい書式にする
  • 熱意があること、内容に説得力を感じさせる、しっかりと自己PRをする

採用者はココを見ている

  • 入社後に活躍できる人材かどうか(経験した業務内容やスキルなどから)
  • 仕事へのモチベーションや取り組む姿勢
  • 文書自体から配慮や工夫ができる人かどうか

職務経歴書は、自己アピールの書類です。
過去の経験でアピールに繋がりそうなことは、しっかりと盛り込みましょう。

注意点としては、ただただ情報量が多いだけの書類にならないようにすること。要点が抑えられていない書類は、採用担当者の読む気が失せるだけでなく「仕事が出来ない人」と思われるリスクがあります。

また、嘘を書いてはいけません。
採用担当者の中には、前職の会社に電話を入れて確認する人もいるからです。

まとめ

上記は、履歴書と職務経歴書を書くときのポイントや注意点をお送りしましたがいかがでしたでしょうか。

書類ひとつで人格や仕事が出来るかどうかはある程度わかりますので、絶対に手を抜かずに作成するようにしてくださいね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ