企業が転職者(中途入社)に求めるMUST

転職で希望の企業に中途入社するためには、志望している企業が中途採用に何を求めているか(MUST)を把握し、そのMSUTに自分がどれだけマッチしているかをアピールしていく必要があります。

そこで、企業が求めるMUSTには、どのようなものがあるかをまとめてみました。
参考にどうぞ!


スポンサードリンク




中途入社の転職者に求められているのは即戦力

転職者のスキル
まず、大前提としておさえておかなければならないのは、中途採用に企業が求めているのは即戦力だということ。

第二新卒者など若い人材であれば、業界未経験でも採用してくれる企業はありますが、30歳を超えたら何の経験もスキルもない人材を採用してくれる企業は無いと思った方がいいでしょう。

ですから、「この人はうちの会社で即戦力として活躍してくれそうだ!」と企業側に思ってもらえるかどうかが大きなカギになります。

企業が転職者(中途採用)に求めるもの

では、ここからは具体的に企業が中途採用に求めているものを具体的に挙げてみます。

業界経験

流通、小売り、金融、ITなど、同じ業界での仕事経験があるかないかは非常に重要です。

何故なら、業界には業界ならではの慣習があり、これは一定期間以上その業界で働かいなければ教えるのが難しいことが多いからです。

残念ながら、中途採用した人材に業界に慣れるまでの時間を考えてくれる企業は多くありません。

業態経験

卸し、小売り、製造など、同じ業態を経験したことがあるかどうかも重要視されます。

これも業種と同じで、業態ごとに独特の商習慣があることが多いので、中途採用した人材に対して教えるのは手間と時間の無駄だからです。

職種経験

セールス、SE、経理などの職種の経験も求められます。

例えば、セールスの場合ですが、「法人営業」と「個人営業」がありますよね。
売るものも「無形商材」と「有形商材」があり、それぞれスキルが違います。

また、証券会社などの金融系や、コンサルティングなどの専門性が高いセールスの場合など、単に営業経験があるだけでは足りないケースも考えられます。

資格の保有

不動産会社であれば、宅建資格の保有者は採用面で有利なだけでなく、入社後の条件面も資格を持っていない人よりもいいことが多いです。(資格手当などが支給される)

資格に関しては、努力次第で取得できますので、転職先の企業の採用に有利な資格がある場合は、転職前から資格取得に向けて計画的に勉強するなどするといいでしょう。

ビジネススキル

マーケティング力、プレゼンテーション力、交渉力、マネージメント力、コーチング力なども、中途採用組に期待される要素です。

特に、マネージメント力やコーチング力は高く評価されますので、役職経験者の方などは上手にアピールすると効果的です。

人間性

そして、最後は人間性です。
素直さ、順応性、モチベーション、チャレンジ精神など、入社後に組織に順応できるかどうかや今後も伸びる可能性が見出せるかを企業は見ています。

難しく感じるかもしれませんが、業界・業態・業種経験などと違って、自分次第で何とでもなる部分でもあります。

また、「変に前職の経験を引きずっている人材より、まっさらな気持ちの人材の方がいい」という考えの企業もありますので、そういう企業の場合には人間性のアピールも有効です。

まとめ

企業が転職者(中途入社)に求めるMUSTの例を6つ挙げてみました。

6つ全てが無ければ絶対に駄目ということではありません。
しかし、企業のMUSTにあった人材だと思われて損はありませんので、この6つは覚えておきましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ