法人化するメリットとデメリットは?【個人事業と法人の違い】

独立・起業をするときに考えなければならないことのひとつに「個人事業主でスタートするか法人を設立するか」があります。

実際に独立・起業してみるといろいろなことが見えてきますが、スタートアップ時には判りませんから悩むものです。

そこで、個人事業と法人の違いや法人化するメリット・デメリットについてまとめてみますので、参考にしてください。


スポンサードリンク




個人事業と法人の違い

法人化イメージ
個人事業は簡単にスタートできるのに対して、法人の場合は、登記などが必要で設立にはお金と手間がかかります。

個人事業と法人の細かい違いに関しては、以下で説明するメリットとデメリットのところを参考にしてもらいたいのですが、大きな違いは、責任の範囲、信用、経費や税金などのお金に関する違いです。

ひとつ例をあげると、個人事業主は事業主個人が債務に対して無限責任を負わなければならないのに対し、法人の場合は債務が及ぶのは法人の資産内であって、個人に支払い義務が生じることはありません。(経営者が個人として保証人になっている場合などは除く)

このように法人化すると債務に対するリスクを限定することができるわけです。

法人化のメリット

さて、ここからは法人化することで得られるメリットをあげてみます。
(個人事業の場合は、法人化のメリットが無いのが違いになります)

  • 個人財産を守れる
  • 社会的信用がアップする
  • 銀行融資が受けやすくなる
  • 助成金が受けやすくなる
  • 消費税が2年間免税になる
  • 決算期を自由に設定できる
  • 赤字が繰り越せる(7年間)
  • 給与所得控除を利用できる
  • 所得分散ができる
  • 社会保険に加入できる
  • 経営者の退職金を経費計上できる
  • 経営者の生命保険料を必要経費にできる
  • 相続対策ができる(株式移転)
上記以外にもいろいろなメリットがありますが、その他にも「法人でないと取引に応じてくれない企業と取引できる」というメリットもあります。

法人化のデメリット

法人には数多くのメリットがありますが、当然ですがデメリットもあります。
代表的なものをあげてみますね。

  • 設立の手間と費用がかかる
  • 会計処理などの事務負担が増える
  • 税金や保険料負担が増える
  • 運営コストがかかる
  • 税務調査が入りやすくなる
  • 税理士の顧問料などの負担がある
法人化のデメリットの多くは、手間と負担(お金)に関わるものです。

例えば、法人化すると全ての契約が個人で契約するときよりも高い法人契約になります。
個人では無料で使えるネットバンクが法人では有料だったりするんですね。

また、法人の場合、赤字でも法人住民税(年間7万円)を支払わなければなりません。
当然ですが、会計を税理士に任せれば、月々の顧問料が2~3万円、決算料が20万円ほどかかります。

このお金の面のデメリットがあることは、独立・起業する方には絶対に知っておいてもらいたいです。

まとめ

私の過去2度の起業経験からアドバイスさせて頂くと、どうしても法人化しなければならない業態だったり、理由がないのであれば、無理なく個人事業主からスタートする方がいいでしょう。

そして、月間の利益が40万~50万円をコンスタントに超えてきたら、節税も考えて法人成りするのをおすすめします。

間違えても、かっこつけで何も考えずに法人を設立するのだけはやめましょうね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ