独立・起業でオフィスや事務所を借りる必要はある?メリットやデメリットは?

独立・起業するとオフィス(事務所)が必要になります。
しかし、固定経費である家賃負担は軽くはありません。

では、本当にオフィス(事務所)は必要なのでしょうか?

そこで、「オフィス(事務所)が必要かどうか?」や「オフィス(事務所)を借りるメリット・デメリット」についてまとめてみます。


スポンサードリンク




そもそもオフィス(事務所)を借りた方がいいの?

オフィス
本題に入る前に、そもそもオフィス(事務所)が必要かという問題について触れておきます。

まず、起業したばかりのフリーランスの方や、オフィスに人が訪問してくることがないような業態の場合は無理してオフィス(事務所)を構える必要はありません。

私は、法人営業で全国のあらゆる業態の会社に訪問しましたが、けっこう有名で売上も規模もそこそこの企業であるにも関わらず、本当に質素なオフィス(事務所)の会社がけっこうありました。

「事務所は何も生まないから!」
こうおっしゃっていた社長さんの言葉は今でも忘れません。

ですから、オフィス(事務所)のあることがメリットに繋がらないのであれば、しばらくは自宅兼事務所でいいでしょう。

但し、メリットもありますので、以下をオフィス(事務所)を借りた方がいいかどうかの判断の参考にしてください。

オフィス(事務所)を借りるメリット

オフィス(事務所)を借りると以下のようなメリットがあります。

  • 仕事とプライベートのけじめがつく
  • オフィスに行くことで仕事モードになれる
  • 家賃を経費に計上できる
  • お客さまを招ける(オフィスがないと自宅に招くかカフェなどになる)
  • スタッフの出入りがあっても安心
  • 会社の信用に繋がる(取引先・銀行・社員などからの)
  • プライバシーの保護ができる(自宅兼事務所の場合、自宅の住所を公表しなければならない)
  • 法人口座が作りやすくなる
  • 経費の按分などの手間が無くなる

資金に余裕がある場合や業態的にオフィスがあった方がいい場合は、上記のようなメリットがありますので、オフィス(事務所)を構えた方がいいでしょう。

例えば、法人が対象のビジネスの場合や(オフィス(事務所)の所在地や入っているビルなどを聞かれることが多々ある)、オフィスが信用に繋がるようなビジネスの場合は、その効果も考えてオフィス(事務所)を借りる必要があります。

また、自宅兼事務所で起業すると、ホームページや名刺に自宅の住所を明記しなければならなくなります。
女性起業家の方や小さいお子さんがいるご家庭の場合は、ちょっと嫌ですよね。
(実際、知り合いの女性起業家で怖い思いを経験したことがある方がいます)

こういう場合も、借りた方が安心でしょう。

オフィス(事務所)を借りるデメリット

次はオフィス(事務所)を借りるデメリットですが、これは固定費である家賃が発生するという1点です。

ご存知かもしれませんが、固定経費で人件費の次に高いのが家賃です。
独立・起業後は資金面の負担が少なければ少ないほどいいので気を付けてください。

間違えても、見栄だけでよく考えずにいいところにオフィスを構えるようなことをしてはいけません。
(そもそも借りられるかどうか解りませんが…)

最後に

「でも、やっぱりオフィスが必要だ…」
こういう方には、レンタルオフィスやバーチャルオフィスという選択肢があります。

独立・起業後の信用のない状態でも一等地にオフィスを借りることが出来るだけでなく、普通にテナントを借りるよりもずっと安く済ませられます。

全国のバーチャルオフィスが探せるサービスがありますので、1度サービス内容や金額を確認してみてはいかがでしょうか。





スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ