営業メール(メールDM)で新規顧客の開拓をしたことはありますか?
やったことがないのであれば、絶対に試してみるべきです。

実は、私も創業当初は営業メールで新規開拓をしていました。
理由は簡単で「費用対効果」がめちゃくちゃ高いから!

そこで、営業メールで新規開拓するメリットについてお送りします。

スポンサーリンク

営業メールのメリット1 費用がかからない

営業メールには費用がかからないというメリットがあります。

例えば、封書でDMを送付する場合、封入する手紙やリーフレット代、封灯代、送料などの料金がかかります。
また、テレアポの場合も電話の基本料金と通話料がかかりますよね。

しかし、営業メールの場合は、基本的に費用はかかりません。
(効率アップのためにツールなどを使えば、その費用はかかります)

DMとかテレアポの費用ってバカになりませんからね。

アプローチにかかる費用を節約できるのは大きなメリットです。

営業メールのメリット2 手間がかからない

営業メールには手間がかからないというメリットもあります。

考えてみてください。
封書のDMを送るには、多大な労力が必要です。

封入する手紙、チラシ、リーフレットの企画と作成、封筒の宛名書き、封入作業、切手の貼り付けetc
送付数の数に比例して手間が増え続けます。

しかし、営業メールであれば、テキスト分のテンプレートを作って送信するだけ。
宛名書きも封入作業もありません。

万が一、反響が悪ければ、印刷物のチラシやリーフレットとは違って簡単に書き替えることもできます。

営業メールのメリット3 営業マンのストレスを軽減できる

営業メールを送信するビジネスマン
営業マンが仕事で感じるストレスの代表的なものにアプローチのストレスがあります。

飛込みやテレアポで「けっこうです!」と断られ続けると、そのストレスでネガティブになってしまう営業マンって本当に多いですからね。

その点、営業メールであれば、相手の顔が見えません。
また、反響に対しての営業は成約率が上がりますので、営業マンにとっては嬉しいところです。

営業メールのメリット4 info宛メールは代表者が見る

営業メールを送信する先は、info宛になります。
そして、このinfoメールは代表者が直接開くことが多いんですね。(大企業は除く)

個人事業主のお店のオーナーや士業の先生、規模が小さい会社の社長などから「メール見たんだけど…」と向こうから電話が来るのですからやらない手はありません。

営業メールのメリット5 管理が楽

営業メールは、outlookなどのメーラーやメール送信ツールを使って送信しますので、送信履歴が残ります。

何月何日、何時何分、誰にどんな文面で営業メールを送ったかをいつでも確認できますよね。
また、日時や宛先名、本文キーワードなどで検索できるのも便利です。

最後に

実は、私は2回目の起業の際に、営業メールで新規開拓をして実際に受注をもらった経験があります。
費用対効果が抜群だし、反響はくるしで本当に助かりましたよ。

実際に経験してみて「これはいい!」と思いますので、営業メールをやっていないのであれば、是非試してみてください。